いちじくは、柔らかい洋ナシ型の果物で、乾燥させて食べることが多いのはご存じでしょう。

  1. 食物繊維をたくさん含み、消化器系の健康を維持します。
  2. カリウム、ビタミン K、ビタミン A、鉄、カルシウム、マグネシウム、葉酸などのビタミンやミネラルが豊富に含まれています。
  3. 比較的低カロリーで低脂肪です。

しかし、過去にイチジクについて聞いたことがあるかもしれませんが、あなたが知らないかもしれないかなりショッキングなことをここで共有します – 真実を言えば、イチジクは実際には花です。 ハフィントンポストによると、りんごや桃の木の花の咲き方とは異なり、イチジクの木の花は、実は洋ナシ型の花の中にあり、この花が最終的に私たちが食べる果実になるのだそうです!

受粉プロセス

ここからがさらに面白いところ。 イチジクの花は、花粉を飛ばすためにハチや風を当てにできるような咲き方ではないので、代わりにイチジクコバチに頼る必要があるのです。 263>

  1. メスのイチジクコバチがオスのイチジクに入り込みます。このとき、メスの触角と羽が折れるので、一度入り込むと逃げられません。
  2. 新しいスズメバチの卵をメスが産み、子スズメバチを頼りにライフサイクルを続ける(これは元のメスが外に出られないため)
  3. オスの子スズメバチはメスの子スズメバチと交尾してイチジクからトンネルを掘る
  4. 子スズメバチはイチジクから離れて花粉を持って出ていく。 このステップは、オスの子バチには生まれつき羽がないため、メスの子バチだけを対象としています!

万一イチジクコバチがオスではなくメスのイチジクに入った場合、生殖が行われる余地がないため中で死んでしまいます(一方オスのイチジクには生殖ができるような形状になっており、だからこそメスイチバチはオスイチジクに入ることが不可欠なんです)。

では、私たちはどちらのイチジクを食べているのでしょうか。オスとメス、どちらを食べているのでしょうか。
この質問に対する答えはメスのイチジクです。 厳密にはそうとも言えますが、イチジクコバチはフィシンという酵素を使ってタンパク質に変えるので、その点はご安心いただけるかと思います。 さらに、アメリカで市販されているイチジクのほとんどは、実際には受粉を必要としないので、その点でも安心できますね!

なかなか興味深いですよね。 イチジクについての新しい知識を得たので、ぜひ友人や家族にも教えてあげてください。きっとみんな驚くと思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。