PDF Version: Weldon

編集部注:この記事は、当センターの季刊誌『Dignity』の第8巻第1号(2002年春号)に掲載されたものです。 Dignitasの購読はCBHD会員に限ります。 9008>

スコットランドの科学者がドリーとして知られる羊のクローン化に成功して以来、人間のクローン化の可能性は一般市民の意識に急速に浸透してきました。 2000年初頭、イタリア人とアメリカ人の科学者が、不妊症のカップルのために人間の赤ん坊をクローン化する意向を発表しました。 この二人は最近、クローン人間の胚を女性に移植する計画を発表した–この記事が出版される頃には、すでにこの段階に入っているかもしれない。 2001年7月31日、米下院は『2001年ヒト・クローン禁止法』(H.R. 2505)を、リベラル、進歩、保守、プロライフ、中絶賛成派の支持を得て、265対162という超党派で可決した。 この法案は、バート・ストゥパック議員(民主党、ミシガン州選出)と私が執筆したもので、「研究」と「生殖」の両方の目的でヒト・クローニングを禁止するものである。 ブッシュ大統領がこの法案に署名すると言ったにもかかわらず、上院多数党院内総務のトム・ダッシュル(民主党)はこの法案が上院で審議されることさえ妨げたのである。 2001年11月25日(日)、マサチューセッツ州ウースターにあるアドバンスト・セル・テクノロジー社の科学者が、破壊的な研究を目的として初めてヒト胚のクローンを作成したと発表した。 9008>

H.R. 2505は、ドリーを生み出すのに使われた技術である「体細胞核移植」技術によって達成される「無性生殖」を特に禁止しています。 この法案は、DNA断片のクローニング(分子クローニング)、培養中の組織や細胞の複製(細胞クローニング)、ヒト以外の動物の全器官や胚のクローニングなど、科学的・医学的に有用なクローニング行為を禁止するものではありません。

ほとんどのクローン擁護者は胚性幹細胞研究のためのクローン胚の作成を望んでいますが(そして、着床して妊娠するクローンの作成に反対しています)、世界初のクローン人間の赤ちゃんを作ろうと競争している人たちもいます。 実際、パノス・ザボスやセベリノ・アンティノリといった科学者たちは、2000年半ばに、今後数ヶ月以内にクローン人間胚の女性への移植を開始する予定であると述べている。 動物のクローンでは遺伝子に重大な問題があり、母体にはリスクがあることが分かっており、重大な出生異常が発生する可能性が大きいにもかかわらず、彼らはこのような偉業を達成しようと意気込んでいたのである。 ドリーのクローンを作った科学者たちは、成羊のクローンを作るまでに276回も失敗している。 ほとんどの科学専門家は、人間のクローン作りの試みはさらに高い失敗率になると考えている。 ドリーを作ったイアン・ウィルマットやマサチューセッツ工科大学のルドルフ・ジェーニッシュなどの科学者は、クローン動物の異常発生の最も可能性の高い原因はゲノムの再プログラミングに誤りがあることだと結論づけている。 体細胞の核を有核卵に導入すると、ヒトが完全に発育するためには、核の中のDNAが「再プログラム」される必要がある。 この核DNAの再プログラミングが正確に行われないと、3万以上の遺伝子のうちの1つまたはいくつかに異常な遺伝子発現が生じる可能性があります。

幸いにも、議会の大多数は生殖目的のヒトクローンに表立って反対しています。 しかし、ダッシュル上院議員がH.R.2505の審議を延期する動きを見せているように、研究目的の胚のクローニングを禁止することに関しては、そのようなコンセンサスは存在しません。 9008>

第一に、研究用クローンは、研究を進めるために破壊される胚の命よりも、研究の結果として治療または治癒される可能性のある何百万人もの人々の命を優先するという功利主義的な計算によってのみ正当化され得ます。 しかし、他人の現実的または潜在的な利益のために、一人の人間の命を犠牲にすることは決して倫理的ではありません。

第二に、年齢に関係なく、人間を目的のための手段と見なすことは非倫理的です。 胚性幹細胞研究やその他の胚研究の支持者でさえ、長い間、「研究目的だけのために胚を特別に作ること」に反対してきました。 しかし、研究用クローンにはまさにこれが含まれるのである。 この批判を回避するために、推進派は現在、研究目的のヒトクローンではヒト胚は作らず、”活性化した細胞 “を作るだけだと主張し始めている。 また、このプロセスを指すのに、”クローン “という言葉を使うべきではないと主張する人々もいる。 ジョンズ・ホプキンス大学のある科学者が最近の上院での証言で述べたように、研究用クローニングは “クローン “ではなく “核移植 “と呼ぶべきものである。 上院の多くの議員も、「治療用クローン」(研究用クローンのもうひとつの一般的な呼び方)という言葉はクローンを指すため、反対を呼び起こす可能性があるとして、その使用をやめようとしています。

第三に、研究用クローンは間違いなく女性の新しい搾取につながるでしょう。 十分な数の生存可能な幹細胞系統を作るために十分な数のクローン胚を製造するために、科学者は大量の女性の卵子を入手する必要があります。 そのためには、女性は過排卵誘発剤を注射され、侵襲的な処置を受けなければならない。 ワシントンポスト紙によれば、注射の副作用は腹痛と吐き気である。3〜5%の割合で卵巣の過剰刺激が起こり、激しい腹痛を起こす。まれに手術が必要になり、不妊になる場合もあるという。 体外受精のために卵子提供のリスクを負う女性とは逆に、研究用クローンのためにリスクを負う女性は、子供が欲しいという欲求ではなく、往々にして金銭的な利益を得たいという欲求に駆られるものである。 実際、アドバンスト・セル・テクノロジー社は、失敗したクローン実験に卵子を提供した女性に一人当たり3500ドルから4000ドルを支払っている。 9008>

以上のような倫理的配慮に加え、研究用クローンは生殖用クローンの可能性を高めるので、禁止されるべきなのです。 クローン胚が実験室で利用できるようになれば、着床とそれに続く出産を防ぐことは不可能であることが証明されるでしょう。 生殖用クローンを禁止する最も効果的な方法は、クローン胚の作成という最初の段階でそのプロセスを止めることである。 生殖用クローンの禁止が圧倒的なコンセンサスである以上、研究用クローンも禁止する措置をとらなければならない。 9008>

最後に、研究用クローニングは、その期待される成果を大きく裏切る可能性があります。 ワシントン・ポストのビジネス・セクションは、ヒューマン・ゲノム・サイエンス社の最高経営責任者であるウィリアム・ハセルティンの、胚性幹細胞治療に関する発言を引用し、「商業化までのスケジュールは非常に長く、私は単に投資するつもりはない」と述べています。 弊社がそのような投資をしていないことにお気づきでしょうか。”弊社は何度もその機会を与えられています。 さらに、最近の『ニューサイエンテイスト』誌の社説では、「科学者の大半が、クローン胚に由来する細胞で患者を治療することはもはや可能でも実用的でもないと考えているのに、政策立案者はクローン治療に熱狂し続けている」と述べている。 彼らはすでに代替案の調査に移っている」と述べている。 胚性幹細胞研究は、まだ臨床的に有益であると証明された治療手段を一つも生み出していないが、道徳的に問題のない代替手段である成体幹細胞研究は、すでに子供の軟骨欠損の治療、法的には失明した患者の視覚回復、全身性ループス、多発性硬化症、関節リウマチの緩和、重症複合免疫不全(SCID)治療のために使われたいくつかの治療法を生み出している。 最後に、ほとんどの科学者が、ヒトのクローンは検出されないが有害な遺伝子異常に悩まされるだろうと予測していることを考えると、そうした異常はクローンヒト胚から得られる組織や細胞にも存在するかもしれないのである。 9008>

ヒト・クローニングは公共政策のベンチマークであり、それに関してなされる立法決定は、科学研究の多くの分野の将来に大きな影響を与えることになります。 しかし、たとえ科学者がそのような治療法は得られないだろうと結論づけたとしても、研究用クローニングは「科学の自由」に基づいてそれを正当化しようとする人々によって擁護されることになるでしょう。 この訴えは、人工知能、生殖細胞治療、トランスジェニックなどに関する今後の議論でも聞かれることになるだろう。 しかし、科学の自由は基本的な権利ではない。 もし私たちがあらゆる形態のヒトクローンを禁止できなければ、自律性と功利主義の名の下に、将来の科学研究を規制したり禁止したりする社会の継続的な能力は、著しく低下してしまうでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。