ヨーロッパ最古のミイラ、アイスマンのエッツィは、約5,300年前に死ぬ前に頭を打っていたようで、彼の脳組織の新しいタンパク質分析によると、そのようです。

1991年に2人のハイカーがアルプス山脈で、驚くほど保存状態のよい凍った体を発見して以来、Ötziは最も研究されている古代人標本の1つとなっています。 彼の顔、最後の食事、衣服、ゲノムが復元され、Ötzi が 45 歳で、皮を着て、刺青をした農業従事者で、中央ヨーロッパ出身、心臓病、関節痛、虫歯、おそらく生前にライム病を患っていたというイメージに貢献しています。 傷口から、エッツィは致命的な動脈を貫く矢で肩を打たれたことがわかり、アイスマンの胃の中の未消化の食事は、彼が待ち伏せされたことを示唆していると、研究者たちは言っています。

数年前、CATスキャンによって、ミイラの大脳の後部に黒い斑点が見つかり、エツィも頭部に打撃を受け、致命的な攻撃の際に頭蓋骨の後部に脳を打ち付けたことが分かりました。

新しい研究では、死体から採取した脳組織のピンヘッドサイズのサンプルを調べた科学者たちが、凝固した血液細胞の痕跡を発見し、Ötziが死の直前に実際に脳を打撲したことを示唆しています。 Ötziの脳の損傷が、頭を殴られたことによって引き起こされたのか、それとも矢で打たれた後に倒れたことによって引き起こされたのかは不明であると、研究者は述べています。

研究は、コンピュータ制御の内視鏡の助けを借りて回収したÖtziの脳の2サンプルで見つかったタンパク質に焦点を当てました。 同定された502種類のタンパク質のうち、10種類が血液や凝固に関連するものであったという。 また、ストレス反応や創傷治癒に関連するタンパク質の蓄積の証拠も見つかりました。

Journal of the Royal Society Interfaceに詳述された2012年の別の研究では、エツィの傷から採取した組織サンプルからミイラの赤血球(これまでに確認された最古のもの)を調べました。 その結果、フィブリンと呼ばれる血液凝固タンパク質の痕跡が確認された。フィブリンは、人が傷を負った直後に血液中に現れるが、すぐに消失してしまう。 タンパク質はDNAよりも環境汚染の影響を受けにくく、ミイラの場合、死亡時に体がどのような種類の細胞を生産していたかを明らかにすることができます。 500年前に生け贄とされた15歳のインカの少女のタンパク質分析により、彼女が死亡時に細菌性の肺感染症にかかっていたことが最近明らかになった。

「タンパク質は組織や細胞の決定的な担い手であり、細胞内で行われるプロセスのほとんどを司っています」と、ドイツのキール大学の科学者で、今回のÖtzi研究の研究者であるAndreas Tholeyは声明の中で述べています。 「DNAは、それが体内のどこに由来するかにかかわらず、常に一定ですが、タンパク質は、体内の特定の領域で何が起こっているかについての正確な情報を提供します」

凝固に関連するタンパク質に加えて、Tholeyと同僚は、Ötziのサンプルにおいて、脳組織に豊富にあることが知られている数十のタンパク質を同定しました。 顕微鏡による分析では、よく保存された神経細胞構造さえも明らかになったと、研究者は述べています。

「ミイラ化した組織を調査することは、非常にフラストレーションがたまるものです」と、研究著者で微生物学者の、ボルツァーノ/ボーゼン欧州アカデミー(EURAC)のフランク・マイスナー氏は声明の中で述べています。 「サンプルはしばしば損傷していたり、汚染されていたりするため、何度か試みても、また様々な調査方法を用いても、必ずしも結果が得られるとは限りません。 5,000年以上前に生きた人間の実際の組織変化を特定することに成功したと考えると、何度も失敗した後でも粘り強く研究を続けてきた私たちが、科学者としてどれほど喜んでいるかがわかるでしょう」

彼らの研究は、Cellular and Molecular Life Sciences誌に詳述されています。 フォローは@livescience、Facebook & Google+。 LiveScience.comのオリジナル記事

最近のニュース

{{ articleName }}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。