ジョギングをはじめとする定期的な運動が効果的であることはよく知られています。 1日20分以上、心拍数を上げることが大切ですが、やりすぎはよくないのでしょうか。 最近の研究によると、その答えはイエスです。 実は、ジョギングのし過ぎややり過ぎは、ジョギングを全くしないのと同じくらい健康を害する可能性があるのです。

やりすぎの危険性

Journal of the American College of Cardiologyに最近掲載された研究によると、過度のジョギングは、完全に座っているのと同じくらい不健康である可能性があることが示されました。 この研究では、1,000人強のジョギング愛好家と4,000人弱の非ジョギング愛好家を12年間追跡調査しました。 これらのデータは、ジョギングをしない人がジョギングをする人よりも早く死ぬ傾向があることを示していますが、研究者は、ジョギングがそれほど厳しくない人よりも、より激しいランナーである人の方が死亡率が高いことを報告しています。 また、激しいジョギングは、拡張機能障害や大きな動脈壁の硬化など、多くの心血管系の問題を引き起こす可能性があることも示されました。

How Much Is Too Much? この程度のランニングは、一日中座ってテレビを見たりネットサーフィンをしたりするのと同じくらい健康を害するようです。

How Much Is Best?

  • 週に最大1.4時間(1時間24分)
  • 5 mph、または約12分のマイル
  • 週に3日以下

この種のレジメンを持つランナーは死亡率が最も低かったようである。 この研究結果によると、ランニングに関しては「少ないことは多い」のだそうです。

今後の研究

研究者は、より信頼できるデータを得るためには、さらなる研究が必要であると述べています。 この研究では、さまざまな人々を追跡調査しましたが、他の種類の運動は考慮されていませんでした。 また、ランニングのルーチンは自己申告であり、バイアスがかかる余地がある。 最後に、激しいジョギングをする人のサンプルは、127人しかいなかったので、少なすぎたかもしれません。 健康に関して、本当にランニングを減らせばいいのかどうか、決定的なことを言う前に、もっと対照的な研究が必要でしょう」

ストーリーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。