医学博士 Emily Splichal、Dr Janine Taddeo
Last updated on October 12, 2018

定義

タコの形成は、古い皮膚細胞の蓄積によって足の領域上に固まり厚くなることによって起こります。 この胼胝形成は、過度の圧力および摩擦から足を保護するための身体の防御機構である。 タコは通常、拇趾球部、踵部、母趾球部の内側にできます。 一部のタコには、核形成として知られる深い芯があります。 このタイプのタコは、圧迫されると特に痛みを感じることがあります。 この状態は、しばしば難治性足底角化症と呼ばれる。

原因

タコは、足の特定部位に過度の圧力がかかることで発生する。 タコができる一般的な原因は、ヒールの高いドレスシューズ、小さすぎる靴、肥満、歩行サイクル(歩行運動)の異常、偏平足、ハイアーチ足、骨隆起、足底の脂肪パッドの損失などです。

治療と予防

多くの人が、剃刀やナイフでタコを切ったり削ったりして痛みを緩和しようとしています。 これは、専門家が行わない限り、正しいタコの治療方法とは言えません。 これは非常に危険であり、状態を悪化させ、不必要な怪我を引き起こす可能性があります。 特に糖尿病患者は、この種の治療を決して試みてはいけません。 タコの形成につながる過剰な圧力を和らげるには、装具を使用して体重を均等に分散させる必要があります。 効果的な装具は、「ホットスポット」または圧力が高い部分から圧力を取り除き、タコが治るようにします。 装具は、衝撃やせん断力(摩擦)を吸収する素材で作られている必要があります。 また、女性はヒールの高い靴を履かないようにする必要があります。 また、手術は最後の手段であるべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。