印刷版

César Chavez
Digital History ID 610

Author: César Chavez
Date:1997

Annotation:1962年4月初旬、35歳の地域組織者César Estrada Chavezは、カリフォルニアのブドウ畑で貧しい移民農民労働者を組織するためにたった一人で出発しました。 彼と妻、そして8人の子どもたちは、9年前の古ぼけたステーションワゴンに荷物を詰め込み、カリフォルニア州デラノに移りました。デラノは1万2000人の人口を抱える町で、全米のテーブルグレープ産業の中心地でした。 移住の相談、市民権教室、葬儀の給付、車や家の購入のためのクレジット、有権者登録の支援、タイヤやガソリンを買うための協同組合などである。 チャベスは、新しい組織である全米農業労働者協会の紋章として、赤地に白丸の中に黒のアステカの鷲を選びました。

出稼ぎ農民の苦境に対するチャベスの共感は、自然に生まれたものでした。 彼は1927年、アリゾナ州ユマで、メキシコ系移民の5人兄弟の一人として生まれました。 10歳のとき、両親は小さな農場を失い、彼と兄弟姉妹、そして両親はアリゾナやカリフォルニアでビートやブドウの収穫、桃やイチジクの摘み取りなどを行った。 車の中で寝泊まりしたり、橋の下でキャンプをしたりしたこともあった。 幼いセザールが学校に通えるようになると(30校以上通った)、メキシコ系アメリカ人の子どもたちのために用意された特別教室に押し込まれることが多かった。

1944年、17歳のとき、チャベスは海軍に入隊した。 1944年、17歳のときに海軍に入隊し、駆逐艦の護衛艦として2年間、太平洋で勤務した。 第二次世界大戦が終わると、彼は結婚し、イチゴを育てるシェアクロッパーとして2年半を過ごしました。 その後、アプリコットやプルーンの果樹園、木材キャンプで働いた。 そして、1952年、彼の人生は運命的な転換を迎える。 CSOは貧しい人々を教育し、組織化することで、社会的、経済的問題を自分たちで解決できるようにすることを目的としていたのです。 マデラ、ベーカーズフィールド、ハンフォードにCSOの支部を設立した後、1958年にCSOの総責任者に就任しました。 その4年後、農民労働者の組合を設立するという彼の提案を拒否したため、彼は組織と決別しました。

ほとんどの労働指導者は、アメリカ史上初めて成功した農場労働者の組合を作るというチャベスの目標を不可能な夢だと考えていた。 農場労働者は高い識字率と貧困(1965年の平均世帯収入はわずか2000ドル)に苦しみ、また持続的に高い失業率(伝統的に約19%)を経験し、さまざまな民族集団に分断されていた。 メキシコ人、アラブ人、フィリピン人、プエルトリコ人など、さまざまな民族に分かれていた。 また、農場労働者が一つの地域に長く留まることはほとんどなく、使用者は収穫期にカリフォルニアや南西部にトラックで運ばれてくるブラセロと呼ばれる安価なメキシコ人日雇い労働者に容易に置き換えることができたことも、組合活動の妨げとなった。 農場労働者は、1935年の全国労働関係法の保護対象から明確に除外されていた。 他のアメリカの労働者とは異なり、農場労働者は団結する権利も最低賃金も保証されておらず、農場での労働基準も連邦政府によって保証されていなかった。 畑でのトイレ、休憩時間、飲料水を義務付ける州法はほとんど無視された。

1965年9月、チャベスは彼の最初の重要な労働争議に巻き込まれた。 フィリピン人のブドウ摘み取り労働者がストライキを起こしたのだ。 「チャベスは、フィリピン人のブドウ摘み取り労働者のリーダーの一人に、「われわれの側に立つのか、それともわれわれに刃向かうのか」と尋ねた。 彼は、全米農業労働者協会がストライキを支援するほど十分に組織化されていないのではないか、ストライキ資金が100ドルもないのではないかと懸念していたが、協会のメンバーがストライキ破りとして現場に入ることはないとフィリピン人労働者に保証した。 MI>Huelga!-スペイン語でストライキを意味する-は、ブドウ摘み取り労働者の戦いの叫びとなった。

数週間のうちに、この労働争議は全国的な注目を集めるようになった。 労働組合、教会、公民権団体が、農民運動として知られるようになったラ・コウサに財政支援を提供した。 1966年3月、チャベスはデラノからサクラメントまで250マイルの復活祭の行進を率い、出稼ぎ農民の窮状を訴えた。 同年、チャベスの全国農業労働者協会はAFL-CIOの傘下組織と合併し、全米農業労働者組織委員会を設立しました。

非暴力の忠実な使徒であるチャベスは、ストライキにまつわる暴力的な事件に深く悩まされていた。 一部の生産者は道端でトラクターを走らせ、ストライカーを土ぼこりで覆いました。 また、畑の端に散布機を走らせ、ピケ参加者に殺虫剤や肥料を撒き散らす者もいた。 地元警察は、ジャック・ロンドンの「かさぶた」の定義(「コルク抜きの魂、水浸しの脳、ゼリーと接着剤でできた結合背骨を持つ二本足の動物」)を読んでいた牧師を逮捕した。 一方、一部のストライカーは、パチンコで発射したビー玉をスト破りにぶつけたり、梱包用の木箱に火をつけたりして、スト破りを威嚇していました。 あるストライカーは、生産者の集団に車で突っ込もうとした。

激化する暴力を鎮め、一部の組合員の過激さを償うために、チャベスは1968年2月14日に断食を開始した。 5日間、彼は断食を秘密にした。 そして、ストライキ中の労働者を前に1時間にわたる演説を行い、暴力の継続は組合のすべてを破壊することになると説いた。 真の勇気ある行動、最も強い男らしさとは、正義のために非暴力的な闘いを行い、他人のために自分を犠牲にすることだ」と彼は言った。 21日間断食を続けた結果、体重は35ポンドも減り、主治医は彼の健康を心配し始めました。 彼はついに、少量のブイヨンとグレープフルーツジュースと薬を服用することに同意した。 3月11日、ロバート・F・ケネディ上院議員と聖体拝領を行い、パンを割って断食を終了した。

ストライキは3年間も長引いた。 1968年、チャベスは、農民の訴えに対する社会の認識を高めるため、食用ぶどうのボイコットを開始しました。 このボイコットによって、生産者の多くがストライキを解決するよう圧力をかけられたのです。 推定で1,700万人のアメリカの消費者が、農場労働者の交渉姿勢を支持して、ブドウを食べない生活を送りました。 1970年半ばまでに、カリフォルニアのブドウの3分の2は、チャベスの組合との契約の下で栽培されるようになりました。

1970年の勝利から数年間、チャベス組合は内外からの問題に悩まされてきた。 組合員は1972年の6万人以上から1974年には5千人にまで減少した。 (その後、3万人程度まで回復している)。 一方、出稼ぎ農民の窮状に対する国民の関心は低下した。

1993年に彼が66歳で亡くなった後、2万5000人の人々が、チャベスが全米農業労働者組合を設立した場所まで2時間半以上かけて行進した。 そこで弔問客は、彼の残した偉大な遺産を思い起こした。 彼の努力の結果、農民が使う最も過酷な道具である短鍬が廃止され、ブドウ畑での多くの危険な農薬の使用も禁止されたのである。 また、1964年から1980年にかけて、実質賃金が70%上昇し、医療給付、障害者保険、年金制度、農民の苦情処理手続きの標準化も実現させました。 1975年には、カリフォルニア州で全米初の農業労働関係法の成立に貢献し、生産者がストライキ中の労働者を解雇したり、不誠実な交渉に従事することを禁じました。 彼の努力のおかげで、移民農民は、他のすべてのアメリカの労働者が持っている権利、すなわち団体交渉権を獲得したのである。

このセレクションでは、チャベスは農民労働者の組合を弱体化させた政府の加担について論じています。

Document:Mr.Chavez. 1979年の3ヶ月のストライキの後、私たちはこの40年間にほとんど進歩がなかったという結論に達しました。

1930年代に農民工がストライキを組織しようとしたとき、彼らは農村地域の地元の権力機構から、非アメリカ的、破壊的、ある種の犯罪者として見られ、扱われた。 私たちは今日、ほとんど同じように見られているのです。

1930年代と同じように、サリナス、カレシコ、モントレー郡、インペリアル郡、あるいはカリフォルニア州のデラノやベーカーズフィールドでも、ストライキが起こると犯罪者と呼ばれました。 組合がストライキを起こすと、他のケースで見られるような単なる労使紛争ではなく、我々の経験では、一方は労働者、他方は農業関連企業、そして警察、保安官、裁判所、学校、監督委員会、市議会など、地元のあらゆる機関がストライキを阻止するために組織化されるようになるのです。 それだけでなく、その地方に存在する州や連邦の機関も、この圧倒的な政治力に大きく影響されるのです。 アグリビジネス産業は政治力を振りかざし、私たちのストライキを壊し、組合を破壊するためにそれを利用しているのです。

彼らは、メキシコ人に対してと組合に対して、二つの行動基準を持っています。 我々、メキシコ人農場労働者が自分の場所を守り、仕事をする限り、我々は大目に見られるが、もしメキシコ人労働者が組合に加入し、正義のために立ち上がり、ストライキを敢行すれば、地元のすべての機関は、彼らが理想とするアメリカの生活様式を守る義務があると感じるのである。 このような地域社会は、では、私たちと一緒に何をしたらいいのかわからないし、私たち抜きで何をしたらいいのかわからない……。

私たちは長年にわたって農業ストライキに関わってきました。労働者として、組織者として、そして組合長としてほぼ30年間組織してきましたが、これらほぼ30年間のすべてにおいて、農業労働者がストライキを行い、ストライキが成功すると、使用者はメキシコに行き、ストライキを阻止するために不法滞在のスト破りを制限なく、無制限に利用できることが明らかになりました。 そして、30年以上にわたって、移民帰化局(Immigration and Naturalization Service)はよそ見をして、ストライキ破壊を援助してきたのである。

入国管理局がスト破りを排除した例は、この30年間で一度も記憶にない……。 使用者たちは、ストライキという具体的な行為のために、プロの密輸業者を使って人間の密輸品を募集し、メキシコ国境を越えて輸送している……。

私たちはこの数年間、入国管理局が農業労働紛争においていかなる側にも立たないという方針を持っていることを観察してきた…。 彼らが味方にならないというのは、生産者がストライキ要員として不法滞在者を無制限に使うことを許可するということであり、これが味方にならないというのであれば、味方になるというのはどういうことなのか分からない。

生産者は現場監督を武装させた。 彼らは専門の機関に、街頭から募集した無制限の数の武装警備員、訓練を受けていない若者、その多くはクー・クラックス・クランやナチ党のメンバーである…彼らは銃とこん棒とバッジと催涙ガスの容器と権限と許可を与えられて、我々の人々を殴り、脅し、傷つけ、この抑制されない生の力を我々の人々に対して使ってストを打破しようとする…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。