もちろん、ピアノ・ソナタ 第14番 作品27 第2番 ハ短調の冒頭のアルペジオはご存じでしょう。 ベートーヴェンのピアノ作品の中で最も愛され、よく知られたこの作品の正式なタイトルに慣れていないのでしょうか。 この曲は、ベートーヴェンによってその通称が付けられたわけではありません。 わかりましたか? そう、「月光ソナタ」である。 ドイツの詩人であり音楽評論家でもあったルートヴィヒ・レルスターブが、ルツェルン湖を眺めながら、満月に照らされた湖が絶えず動いている様子を、ソナタ第14番の第1楽章で繰り返されるアルペジオと雰囲気に重ね合わせて、この名前をつけたのである。 この曲は、ルートヴィヒのピアノの生徒だったジュリエッタ・ギッチャルディに捧げられた。 彼女は「不滅の最愛の人」だったのか。 また来たか!」。 ベートーヴェンはこの作品に「クアシ・ウナ・ファンタジア」というタイトルをつけた。 (楽譜に書かれた指示は、”この曲は最も繊細に演奏されるべきである “と訳されている。 うねるような開放三和音と、それを支える余裕のある、しかし心に響くメロディー・フレーズ。 ベートーヴェンは即興演奏の名手として知られる。 幻想曲という言葉には、さまよえる自由、予測不可能な自由という意味が込められている。 第1楽章の形式は、すぐに古典的な第1楽章のルールを破る。 これは大仰なアレグロ楽章ではないのだ! むしろ、Adagio sostenutoと記されている。 この驚くべき作品の冒頭を飾るのは、なんと緩やかな楽章なのだ。 このように、ウィーン古典派の高度な形式を導くルールは、この作品の冒頭のフレーズで破られてしまった。 この作品は、先ほどの初期のソナタと同じく、3つの楽章で構成されている。 これはベートーヴェンの、自分が習得した音楽の枠を越えて前進しようとする意志を改めて確認するものである。 ベルリオーズは、冒頭の

について、「人間の言葉が修飾する術を知らない詩のひとつだ」と評しています。

その感情と緊張は、執拗な繰り返しの中で催眠術のように作用している。 楽譜の指示では、ピアニストは楽章の間、サスティンペダルを踏み続けるよう指示されている。 ほとんどのピアニストは、これは今日の楽器ではできない、音楽が音の集積に滲んでしまうからと主張する。 ベートーヴェンの考えは、持続するハーモニーを互いに調和させることであった。 そのため、ペダリングについては、この荘厳な音楽をどう解釈するか、それぞれのアーティストが判断しなければならない。 この楽章は、消え入るようなため息で終わる。 8099>

一瞬の間をおいて続くアレグレットとトリオはどうだろう。 これもいろいろな意味で新しく、新鮮な音楽です。 悲痛なため息は過ぎ、楽しいスタッカートの主題がスキップして、冒頭楽章の暗い執着的な雰囲気から解放されます。 3部形式は、2つの重い劇的な部分の間の軽い間奏曲である。 ベートーヴェンは今回、メヌエットとトリオの枠組みを使い、新鮮な空気を吹き込んでいる。 やはり舞曲ではありませんが、

“二つの深淵の間にある小さな花 “とリズトは言っています。

その花の長さは2分強しかない。 その短い楽章の中で、最後のフレーズは問いかけのようであり、答えがあるのか、それとも小さな謝辞なのか。 この軽快な部分を聴いたことがない人は、早速YouTubeで聴いてみてください。 第3楽章の深淵は、感情の極限と表現の自由を謳歌した18世紀の文学・音楽運動「シュトルム・ウント・ドラン」(嵐と怒り)を彷彿とさせるものである。 音楽では、ハイドン後期やモーツァルトの一部で聴くことができる。 終楽章では、ベートーヴェンは一筋の光も残さない。 楽譜には「プレスト・アジタート」と記されている。 音楽は激しい。 各楽章の雰囲気の対比が記念碑的である。 音楽学者たちは、この楽章のペダルの使い方についてもコメントしている。 実は “月光 “では3つのペダルが呼ばれている。 ベートーヴェンは、ペダルを本格的に使用した最初の作曲家である。 楽譜にはcon sordinoとsenza sordinoが記されている。 この巨大なフィナーレで、完全なソナタ形式が提示される。 重さは前面に出るよりも、むしろ集大成的な楽章にある。 ブリッジで区切られた2つの主題、完全な繰り返し、輝かしい激しい展開、完全な再現部、そして協奏曲のようなブラヴーラのクライマックスと続きます。

この月光ソナタには、これまでのピアノ曲のような響きは全くない。 この曲が作曲された年は言いましたか? 1801. 出版は1802年8月。 ハイリゲンシュタット遺書が書かれたのは、そのわずか2ヵ月後の1802年10月。 記念碑的な大作がすぐに成功した後、ベートーベンは喜びを見出せず、ただ生き延び、ライフワークを続けるという決意を固めた。 月光」は、ベートーヴェンの英雄時代の幕開けを告げるものである。 この後、ベートーヴェンは膨大な生産性を発揮することになる。

時は1804年。 再びナポレオン戦争とエロイカ交響曲について言及する。 ベートーヴェンは、英雄期である中年期に入り、主要なピアノ・ソナタを作曲し続ける。 狩」と「アパッショナータ」という2つのピアノ・ソナタが控えていた。 ベートーヴェンは、同時にいくつもの曲を作ることが多く、常に数多くのノートを参照しながら、メモを楽譜に移していった。 この時期は、非常に創造性に富んだ時期であった。 エロイカ」が完成し、「交響曲第2番」が完成した。 ピアノ協奏曲第3番の素晴らしさは、ウィーンで認められていた。 1803年にはいくつかのヴァイオリン・ソナタが大きな注目を集め、1804年には彼の唯一のオペラ『フィデリオ』の初演版が、フランス占領下のウィーンで上演された。 ピアノソナタ第21番ハ長調作品53はこの時期の作品である。 フェルディナント・フォン・ヴァルトシュタイン伯爵に捧げられたこの曲は、中期の3大ソナタのうちの1つで、最も注目されている。 ベートーヴェンがハイドンに師事するように仕向けたのはワルトシュタインであった。 ベートーヴェンは1803年のクリスマスに「ヴァルトシュタイン」の作曲を開始した。 この記念碑的な作品も3つの楽章で構成されている。 冒頭のアレグロ・コン・ブリオは、これまでのソナタの冒頭とは一線を画すものである。 静かに脈打つ和音に続いて、モチーフが急速に下降し、さらに高音域で急速に下降する。 その後に続くのは、全音低い調での繰り返しである。 この後、和声の彷徨、半音階的に下降するベースライン、リズムの刻みなどのセクションが導入される。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。