Author Name – Guest Author

04 Jun 2019 16 people

車を運転していても、バイクや大型トラックを運転していても、いつかはパンクを経験することは、たとえランフラットタイヤでもかなり必然的なことです。

パンク

パンクの主な原因

この不幸な状況は、しばしば予期せぬ瞬間に起こり、運転者の安全を著しく損なうことがあります。 パンクの原因としては、さまざまな理由が挙げられています。 とはいえ、どんなときでも、その場をしのいで前に進むことが必要です。

Cut by a sharp object

タイヤが損傷する最も一般的な理由は、たとえば釘やガラスの破片など、鋭いもので切られたり浸入したりすることです。

バルブステムとタイヤビードの漏れ

タイヤの問題のもう一つの一般的な理由は、バルブステムの破損や漏出です。 この小さな部品にどんな害があっても、あるいは土があっても、完全に水平になるまで、タイヤから空気がこぼれるかもしれません。

悪い道路状況

穴、不均一な道路、および予期しない破片は、あなたの車の車輪、車軸、および下回りを損傷しやすくする可能性があります。

過膨張タイヤ

過膨張のタイヤは、タイヤに過度の圧力をかけ、突然のブローアウトにつながる可能性があります。 そのため、タイヤの空気圧の上限を記録しておくことは、タイヤの破裂を防ぐための先制手段として重要です。

高温

タイヤがパンクしやすいのは、1年のうちで最も蒸し暑い時期です。 気温が高いと、タイヤの空気が膨張し、タイヤの内側に荷重がかかります。

パンクの防ぎ方

いくつかの予防的なメンテナンスと先手を打つことで、パンクやタイヤの破裂を防ぐことができるかもしれません。 運転中の安全を確保するためには、ランフラットタイヤをお勧めします。

危険を避ける

避けられないこともありますが、工事中の場所や、あまり手入れされていない道路の近くを運転することがわかっている場合は、予備の方法を模索するようにしてください。 鋭利な金属、ガラス、釘、そして甌穴はすべてパンクを引き起こし、タイヤを損傷することができるだろう。

タイヤの空気圧を確認する

タイヤの空気圧が適切であることを確認することが重要です。


Guest Author

このブログ記事を楽しんで頂けましたか? はい|いいえ
16人がこのレビューを参考にしました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。