本日、1月20日は、全米でマーティン・ルーサー・キング・ジュニアの多大なるレガシーを祝います。 彼の優れたリーダーシップの例として、最も有名な「I Have A Dream」演説(1963年8月28日に行われました)です。 キング牧師は、歴史上最も有名なスピーチのひとつであるこの演説で、この偉大な国の未来について明確な見解を示しました。 この演説には、リーダーシップに関するいくつかの素晴らしい洞察が含まれています。 キング牧師の「I Have A Dream」演説には、8つの偉大なリーダーシップの洞察があります。 マーティン・ルーサー・キング・ジュニアは、国が直面している対立や残酷な現実について直接語り、私たち全員がこれらの問題を克服できる方法について、後に彼のビジョンの舞台となるようにしました。 これは、情報を提供することとインスピレーションを与えることの違いである。 キング牧師は、事実に基づいた議論をするのではなく、世界の人々の心に直接訴えかけることを選びました。 キング牧師は、現状を受け入れることを拒否し、何を変えるべきか、なぜ変えなければならないか、どのように変えるかについて、大胆なビジョンを示しました。

  • 偉大なリーダーは、良い意味でせっかちである。 物事の成り行きに任せて、ただ座っていることはしません。 彼らは切迫した感覚を持ち、それを伝えている。
  • 偉大な指導者は、人々に彼らの最も高い価値観と一致して行動するよう呼びかける。
    キング牧師は、非暴力による抵抗という高い立場をとり、彼の運動が変化を求める上で道徳的権威となるようにした。
  • 偉大な指導者は和解を拒否する
    偉大な指導者は、いつ頑固になり、いつ妥協するのが良いかを知っている。 キング牧師は小さなことでは何度も妥協したが、自分のビジョンを達成することに関しては執拗だった
  • 偉大な指導者は、部下が費やした努力に気づくものである
    。 キング牧師は、自分の運動の成果を自分の手柄にしようとはしなかった。 彼はそれを集団の努力とみなした。
  • 偉大な指導者は、より良い明日を鮮明に描く
    指導者は、ビジョンを明確にすることに決して飽きることはないだろう。 彼らは明確かつ具体的でなければならない。 彼らは、自分が見ているものをフォロワーが見ることができるようにしなければならない。 ジョージア州の赤い丘で、いつの日か元奴隷の息子と元奴隷所有者の息子が兄弟愛のテーブルに一緒に座ることができるという夢がある。 不公平の熱でむせ返り、抑圧の熱でむせ返るミシシッピ州も、いつの日か自由と正義のオアシスに変わることを夢見ている」
  • このブログを書くきっかけをくれたリーダーシップ開発コーチのマイケル・ハイアットに感謝したいと思います。

    パトリック・リンチ氏は、アトランタとシャーロットにオフィスを持つ、再就職支援、キャリア管理、人材開発の大手企業、フロンティア・グループの代表を務めています。 また、OIパートナーズ・アトランタのマネージング・パートナーでもあります。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。