老眼とは、加齢によって近くを見る能力が低下することです。 レーシックは老眼の原因にはなりませんが、老眼を治療するためにレーシックを使用する戦略があります。

私がよく耳にする俗説は、レーシックを受けると老眼鏡が必要になる(または早くなる)ことです。 これは事実ではありません。 老眼鏡が必要になるのは「老眼」と呼ばれるもので、レーシックを受けたかどうかに関わらず、加齢による自然な結果として起こります。

眼科医は、老眼の実際の原因についてまだ議論しています。 最も良い説明は、瞳孔の後ろにある目の中のレンズが、年齢とともに硬くなることです。 水晶体の働きは、近くを見るときはたわんだり膨らんだりし、遠くを見るときは緩んだりすることです。 若い人は、近くを見ては遠くを見るために、常に水晶体を曲げたり緩めたりしています。 この屈曲と弛緩は、40歳以下の健康な眼であれば、無意識かつ無理のないプロセスで行われています。 しかし、40歳を過ぎると、水晶体は年齢とともに硬くなり、60歳くらいになると、完全に硬くなってしまうのです。 このため、健康な目であれば、40歳を過ぎたあたりから、近くが見えにくくなり、老眼鏡や「カンニングペーパー」が必要になってくるのは自然なことです。 実際、レーシック手術は角膜、つまり目の外側の表面に対して行われます。 レーシックの手術では、水晶体には触れません。 このため、レーシックで老眼が良くなったり悪くなったりすることはありません。

確かに、40歳を過ぎても近視の人がメガネやコンタクトを外して、老眼鏡なしで近くを見ることは可能です。 これは、メガネやコンタクトをはずすと、生まれつきの近視のために、遠くが悪く、近くがシャープに見えるからです。 専門用語で言うと、近視の人は近くにピントが合っているので、近くを見るためにレンズを曲げる必要がないので、老眼でもメガネやコンタクトを外しても近くの見え方に影響がないのです。 もちろん問題は、近視の人はメガネやコンタクトをつけないと遠くがよく見えないので、(レーシックを受けない限り)結局メガネやコンタクトをつけなければならず、その結果、メガネに遠近両用メガネが必要になったり、コンタクトの上に老眼鏡が必要になったりします。

レーシックは老眼の原因になりませんが、レーシックをする場合、老眼に対処するための戦略があります。 ひとつは、レーシックで両目を完全に遠方に設定する方法です。 これは「立体視」と呼ばれ、レーシックを用いて最高の遠方視、最高の夜間視、最高の奥行き知覚を実現します。 ステレオビジョンを使用すると、レーシック後に年齢に応じたレベルの老眼鏡が必要になります。

もう一つの選択肢は、完全な、または古典的なモノビジョンと呼ばれるもので、利き目が完全な遠方視力、非利き目が近くの読書視力になるように設定されるものです。 モノビジョンレーシックは遠くと近くがよく見えますが、遠くの視力、特に夜間の視力は、立体視のレーシックほどよくありません。 これは私の診療所では45歳以上の患者さんにとても人気のあるオプションです。 ブレンドビジョンでは、利き目を遠くに、利き目でない方の目を近くではなく中距離に設定します。 ブレンドビジョンレーシックでは、完全なモノビジョンの場合よりも、2つの目がチームとしてうまく機能するようになります。 遠方視力と夜間視力は、通常、完全なモノビジョンレーシックよりもはるかに優れています。 遠距離の視力は、立体視レーシックほど良くはありませんが、多くの患者さんは、遠距離のわずかなトレードオフが、中距離の視力を開放するために価値があると感じています。 ブレンドビジョンの目標は、必ずしも小さなものを見るための老眼鏡から解放されることではありません。 むしろ、45歳以上の老眼でも、眼鏡なしで携帯電話を使ったり、小切手を書いたりすることができ、なおかつ非常に良好な遠距離視力を享受できることが目標なのです。 しかし、どの年齢でも、レーシックで立体視を得た場合の中距離の視力と比較して、レーシックで立体視を得た場合は、常に「先手」を打つことができるのです。 PresbyLASIKは、レーシックの際にレーザーによって角膜に刻まれる複雑な多焦点形状で、角膜の一部を遠方に、一部を近方に同時に焦点を合わせるように設計されています。

別のブログで、混合視やモノビジョンを使用せずに老眼を治療するのに役立つ将来の技術についてお話します。 しかし、これらの技術が実際にブレンドビジョンやモノビジョンよりも優れているかどうかは、明らかではありません。 結局のところ、特にブレンドビジョンは、老眼に直面しているレーシック患者の大多数にとって、非常に有効な選択肢であり続けるでしょう。

See Also

Surgical Monovision in LASIK
An article from the journal Cornea looks on the success rate of LASIK monovision in patients with presbyopia

Monovision in LASIK
UC Irvine and Cornell University an article looks from outomes using Monovision LASIK to treat presbyopia.The Journal for Cornea.The Journal for Arvine of Cornea.The article for the Monovision LASIK with Presbyopia.The Journal of Cornea.The Journal of Cornea.The article for the Monovision in LASIK by the LASIK.See Also

レーシックにおけるモノビジョン この記事は、米国眼科学会の雑誌であるOphthalmologyに掲載されました。

Visual Outcomes of LASIK Induced Monovision in Myopic Patients with Presbyopia
スペイン、マドリードのこの記事は、米国眼科学会の雑誌に掲載されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。