ストレスと副腎情報

副腎疲労と呼ぶか副腎不全と呼ぶかは別として、それがアスリートによく見られることは承知しています。 副腎不全とは、日常的に遭遇するさまざまな種類のストレス要因に対抗しようとして、副腎のホルモン産生のバランスが崩れた状態を表す言葉として、私たちが好んで使っているものです。 副腎は、別名「ストレス腺」とも呼ばれ、体がストレスに対処し、生き延びることを可能にしています。 副腎は、2つの小さなピラミッドのような形をしており、腎臓の上に位置し、この中心部から環境の変化に対応するために動員されます。 社会的、職業的、感情的、身体的、栄養的なストレスはさまざまな形でやってきますが、副腎はこれらのストレス状況に体が適応できるようサポートするのが仕事です。 副腎は、主要なホルモンを分泌することによって、これを達成します。 eNRGパフォーマンスで提供する検査に特化すると、次のようなものがあります:

  1. コルチゾール
    • 日常生活のストレスに対する反応を微調整する主要なストレスホルモンです。
  2. DHEA
    • 体内で最も豊富なホルモンの1つで、エストロゲンやテストステロンの前駆体。また、高いコルチゾールによる悪影響の一部を軽減する。

副腎がバランス良く働き、適切な量のホルモンを生成できる場合、通常は症状が出ないことがあります。 副腎から分泌されるホルモンは、エネルギー生産、免疫活動、細胞の維持・修復など、体内のほぼすべてのプロセスに影響を及ぼします。 グルコース、インスリン、炎症の主要な調節因子であり、骨や筋肉の形成、気分や精神集中、スタミナ、性欲、睡眠サイクルに大きな役割を果たします。

バランスを失った副腎は、コルチゾール値が高くなるか低くなるかをもたらします。 コルチゾールが高いと、不眠、不安、砂糖への欲求、疲れているのに疲れている感じ、お腹の脂肪の増加、骨量の減少などが起こります。 コルチゾールが低いと、慢性疲労、エネルギー低下、食物や糖分への欲求、運動耐容能や回復力の低下、免疫力の低下などを引き起こす可能性があります。 副腎のバランスが崩れると、DHEAの値が低くなったり高くなったりすることもあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。