この記事は、動詞と動詞活用に関する連載記事の続きで、平板形に関する記事の2回目です。 第1回「平板形」の記事はこちらをご覧ください。 このブログでは、日本語の動詞の平叙文と否定文について説明します。

「-ます形」の使い方については、(-ますと-ますん)、こちら(-ましたと-ましんです)の記事を参照してください。 また、「-ます」「-ません」の記事には、日本語の動詞や動詞の種類に関する一般的な情報がたくさんあります。

平叙文動詞-過去形

この活用パターンには、良いことも悪いこともあるのです。

悪い知らせ

  • 悪い知らせは、これまで習ったパターンに比べて少し複雑で、暗記するのが少し面倒かもしれないということです。

良い知らせ

  • 良い知らせは、動詞を-テ形に活用する方法を知っていれば、すでに平叙文過去形の活用パターンを知っていることです!このパターンを覚えれば、動詞の活用が簡単になります。

また逆に、-Te 形への動詞の活用を知らない人も、Plain 形の動詞を過去形にする方法を学べば、活用できるようになります。

これは、-Te 形の動詞は「e」で終わり、平叙文の動詞は「a」で終わりますが、この2つの形の活用パターンはまったく同じだからです。 今回は、たに置き換えます。

起きる → 起きる (Okiru → Okita)

U verbs

U verbsについては、「-手形」の記事の表を少し修正して、再利用できます。 ここでも、平叙文の過去形と-Te 形の違いは、すべての動詞の最後の母音だけです。

注意:日本語は音節で書くので、ローマ字で書くときは最後の文字だけが異なるということを忘れないでください。 しかし、ひらがなで書くと、最後の文字全体が違ってくる。

例えば、「かいて」「かいた」「かいた」。

kaita

不規則動詞

…となる。 も、-Te-Form-with-“a”-insteading-of-“e”-ending のパターンに従います。 て形と同じように、平叙文過去形の「いく」は、他の「いく」端の U 動詞とは活用が異なります。

suru → shita

kuru → kita

iku → itta

Plain Form Japanese verbs – Negative Past Tense

Plain Form の否定過去はとてもシンプルで、正の過去よりはるかにシンプルなんです!

iku → itta

基本的に知っておくべきことは、平叙文動詞を否定的現在形・未来形に活用する方法です(復習のために、ここをクリックして平叙文の最初の記事をご覧ください)。 したがって、平叙文の否定現在形・未来形の動詞はすべて同じ方法で過去形に活用します。 最後の母音(i)を “katta “に変えるだけで、動詞は否定過去形になるのです。 4744>

8 時に起きない

8 時に起きない

8 時に起きない。

8時に起きない

8時に起きなかった。

友達に会わない

友達に会わない

友達に会わない/会わない。

友達に会えない

友達に会えない

川ちゃんとその週末の短い過去形の語りです!

友達に会えない

友達とその週末の短い過去形の語りです!

友達とその週末の短い語りです! 友達にその週末に会えない

友達とその週末に会えない。

土曜日は午後12時まで寝た。

どようびはごごじゅうにじにしたね

土曜日は午後12時まで寝た。

日曜日はアミーゴとパーティーに行った

日陽は網号とパティーに行った

日曜日はアミーゴとパーティーに行った。

ピザをいっぱい食べたけど、ホットドッグを食べなかった。

Piza o ippai tabeta kedo, hottodoggu o tabenakatta

She ate lots of pizza, but she did not eat hot dogs.

騒がしかったから、トランプで遊ばなかった。

Sawagashikatta kara, toranpu de asobanakatta

It was noisy, so she did not play cards.

かわちゃんはカメレオンだから、パーティーでビールを飲まなかった。

Kawa-chan wa kamereon da kara, bi-ru o nomanakatta

Kawa-chan is a chameleon, so at the party she did not drink beer.

Additional Uses for Plain Form

In the first Plain Form article, we discussed some uses for Plain Form (aside from simply speaking casually), including grammar patterns that contain Plain Form verbs whether or not your overall sentence is a polite sentence.

Plain Form動詞が必要な文法パターンの例をもう少し紹介します。

提案をするときによく使われる文法パターンの1つに、Plain Form動詞が使われています。 「ほう がいいですぅ。 肯定的な提案をする場合、動詞句は平叙文の過去形動詞を使用します。

新聞を読んだほうがいいです

新聞を読んだほうがいいです

あなたは新聞を読んだほうがいいです。

新聞を読まないほうがいいです。

新聞を読まないほうがいいです。

平叙文の過去形動詞の最後に1音節、ら(ra)をつけると、過去形ではなく、if/when になる。 もし」なのか「いつ」なのかは文脈による。

新聞を読んだら、色々な情報が入手できます。

新聞を読んだら、色々な情報が入手できます。

新聞を読んだら、色々な情報が入手できます。

今日の新聞を読んだら、ある記事にびっくりしました。 あるきじにびっくりしました

今日の新聞を読んだら、びっくりするような記事があったんです。

平叙文過去形の動詞の最後に「り」と動詞「する」をつけると、「~のようなことをする」という意味になります。 する」の前に複数の動詞+「り」を付けることも、1つだけ付けることもできますが、いずれの場合も「する」は1つだけで、それが最後に来ます。 動詞+”り “の動詞のうち1つが “する “動詞の場合でも、”する “で終わらせなければなりません。

暇な時は新聞を読んだり、中国語を勉強したりします。

ひまな時は新聞を読んだりします。 中国語を勉強します

時間があるときは、新聞を読んだり、中国語の勉強をしたりしています。

以上、今回は平易な表現でお届けしました。 もし、私たちが取り上げなかった文法で、私たちに書いてほしいものがあれば、コメントを残して教えてください!

他の文法記事も近々掲載予定です。 その間、私たちのライブラリで無料の動詞フラッシュカードシリーズをチェックしてみてください。 いくつかの文や短い物語を作ってみて、書いたものをコメントとしてシェアしてください。 助詞(わ、が、を、に、など)の使い方や、文章を作る前に助詞について復習したい場合は、ここをクリックしてすべての助詞の記事をご覧ください。

「る」または「つ」語尾 最終音節を「た」に置き換える noru → 乗ったノッタ
“く” 語尾 最終音節を「た」に書き換える ita kaku
su shita hanasu → hanashita
「ぶ」に置き換えます。「む」。「または “ぬ “語尾 最後の音節を “んだ “に置き換える 遊ぶ阿蘇布→遊んだ阿蘇田
“ぐ “語尾 最後の音節を「イダ」に置き換える 泳ぐオヨグ → 泳ぐオヨイダ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。