昨年12月、クロントーイ駅の移動式ユニットでパスポートの申請手続きを行う申請者。 外務省は1日、新しいパスポートの有効期限を現在の5年から10年に、手続きを20分から12分に短縮すると発表した。 (Photo by Chanat Katanyu)
昨年12月、クロントゥーイ駅の移動式ユニットで手続きをするパスポート申請者。 外務省は1日、新しいパスポートの有効期限を現在の5年から10年に、手続きを20分から12分に短縮すると発表した。 (Photo by Chanat Katanyu)

外務省は木曜日、新しいパスポートの有効期間を現在の2倍の10年にすると発表した。

現在のタイのパスポートは発行日から5年で失効するが、新しいものは将来10年になると同省は声明を発表している。

新しい有効期限は、20歳以上の独身者と17歳以上の既婚者に適用されるとのこと。

この動きは、同省が開始したパスポート改善の新しい第3フェーズの一部である。

オフィスはまた、パスポート申請に必要な時間を現在の20分から12分に短縮し、新しいパスポートは顔の特徴や指紋だけでなくより多くの生体データを含む。

新しいパスポートは、電子入札によって120億バーツの生産契約の勝者を選択してから発行される予定である。 入札はまだ始まっていない。

改良の第二段階である現在のパスポート契約は、来年2月に終了する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。