安全性情報

米国環境保護庁(EPA)は、外国から輸入した農薬を含め、米国で使用されるすべての形態の農薬を規制しています。 EPAは、農薬メーカーが農薬の販売を申請する際に、非常に厳しいガイドラインに従うよう求めています。 家畜の飼料など、人や動物が食べる食品に使用される農薬については、EPAは食品に検出される残留農薬の量を規制しています

食品医薬品局(FDA)と米国農務省(USDA)も、食品に残留する可能性のあるものを監視するために活動しています。 2014年のUSDAの報告書では、検査したすべての食品サンプルの99%がEPAが定めた限界値以下であったことが判明し、「米国の食品は残留農薬に基づく安全性の懸念はない」と述べています

農薬は、ラベルの指示に従って適切に使用されるべきです。 農薬が正しく使用されないと、害を及ぼすリスクがある可能性があります。 個人が農薬を摂取したり、農薬に触れたりした場合は、直ちに毒物管理ホットライン(1-800-222-1222)に連絡する必要があります。 応急処置ガイドラインには、農薬を摂取した場合の治療法に関する情報も記載されています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。