そう信じたいところですが、悲しいことに、私たちの猫は実際には9つの命を持っていないのです。 責任ある猫の親として、すべての悪から彼らを守るために適切な手段を講じる必要があります。 どうすればいいのでしょう?

予防接種は、有害な細菌やウイルスから愛猫を守るための鍵です。 実際、免疫システムを強化するために、ワクチンは必須です!

私たちは専門家ではないので、どのワクチンが猫に最適なのかを私たちだけで決めることはできません。 あなたの猫ちゃんがどれくらいの頻度で注射を受けるべきか、あなたの決断を手助けしてくれるのは、獣医さんなのです。 通常は、健康状態や年齢、ライフスタイルによって異なりますが、猫が何らかの病気に接触した場合は、追加の予防接種が必要になることが多いようです。 また、狂犬病などのワクチンについては、自治体の決まりを常に把握しておく必要があります。

それでは、早速、猫へのワクチン接種について詳しく説明していきましょう。

猫にとって最も重要なワクチンとは?

ノミの予防接種

猫が室内にいるからノミから守られていると思っているなら、考え直してください。 あなたの猫は多分ほとんどの時間屋内にいたとしても、虫はどんな猫にも起こりうるのです。 ノミは伝染性があり、あるペットから別のペットに移ることがあります。 昆虫は、その驚くべき拡散力と生存能力でよく知られています。 彼らは自由に歩き回り、自分の蒸気の下で彼らの新しい家への道を作る。

Related Post: 猫のための最高のノミの首輪

その割には、猫は本当にノミの予防注射を必要としません。 このような場合、「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」痒いところに手が届く」痒いところに手が届く。 ノミが猫に感染するのを防ぐには、注射以外にもさまざまな方法があります。 そのため、代わりにノミの予防策を取り入れるのが良いでしょう。

関連記事 猫に最適なノミ取り薬

心筋梗塞の予防

猫の心筋梗塞は非常に微妙な病気です。 主に蚊を媒介として広がり、猫に劇的な症状を引き起こすことがあります。 アメリカ心臓病学会は、猫の心臓病予防を強く推奨しています。

この予防法は、蚊に感染する可能性の高い室内飼いの猫に最も適しているので、ぜひ実践してください。

多価猫ワクチン

かつて子猫には、ヘルペスウイルス、カリシウイルス、猫汎白血球減少症(FRCP)に対する薬剤を含む3種混合ワクチンが投与されました。

しかし、多価ワクチンをめぐる論争は、専門家の間で白熱した議論になっていました。 多価ワクチンの偉大なアジュバントに同意する人がいる一方で、強く反対する人もいたのです。 いずれにせよ、予防接種は日常的な処置ではなく、医療上の必要条件と見なされるべきです。

Booster Shots

他の予防接種は、それが与えられるべきかどうかについての直接的な答えを持っていないかもしれませんが、ブースター注射に関しては、グレーゾーンはありません。

猫の予防接種は年齢に反比例しています。 子猫のときは、ワクチン未接種の子猫は高い確率で猫汎白血球減少症で死亡するため、予防注射は不可欠です。 そのため、生後6~8週、10~12週、14~16週でのワクチン接種を強くお勧めします。 また、獣医は、猫の飼い主が3年に1回以上の頻度でブースターを接種することを推奨していません。

FVCRPのワクチン接種は、猫の日常生活の中で最も重要な部分であることに留意してください。 それ以外にもう一つ、日常的に使われているワクチンがあります。

Rabies Shots

これはおそらく猫のための最も一般的な予防接種である狂犬病の予防接種です。 ご存知のように、狂犬病は猫にも人間にも致命的な感染症です。 実際、狂犬病ほど恐ろしい病気は他にありません。 狂犬病は、感染した哺乳類と直接接触することで感染します。

さて、大きな問題は、猫に狂犬病のワクチンを接種すべきかどうかということです。 これは、地域の法律、飼い猫が他人を噛む可能性、リスクに対する耐性など、多くの要因に依存する。

 猫に注射する獣医師

How often Do Cats Need to be Vaccinated?

この質問に対する正解はありません。 真実は、あなたが何から猫を守ろうとしているかによります。 ノミでしょうか? それとも、猫ちゃんの健やかな成長を願い、そのために予防注射が必要だと考えているのでしょうか? あなたが質問への答えについてわからない場合は、よく、ここであなたが猫のワクチンやその他の予防措置の意味を理解するのに役立ちますワクチンのいくつかのガイドラインです。

How to Determine Whether Your Cat Need Vaccination?

あなたはあなたの猫の本当の良い世話をすると確信していますあなたが彼らの行動や身体属性のわずか一つの変化に気付いた場合、あなたがやる次の事は獣医に走っていることでしょう。 シニアの猫を飼っている人は、頻繁に健康診断に連れて行く可能性があります。

猫は話すことができないので、健康診断の結果は、猫が自分の健康状態をあなたに伝える手段なのです。 何か悪いところがあれば、獣医さんが教えてくれますし、その時に予防接種の出番があります。 年に一度の健康診断で、猫の健康について獣医と確認すべきことは以下の通りです:

  • ワクチン接種の状況と、潜在的な病気への曝露
  • ノミ、ダニ、心臓病、ダニなど皮膚の寄生虫対策
  • 歯の健康状態。 猫の口腔衛生には十分気を配り、口腔内の病気にかかりそうな兆候がないか探してみましょう
  • 栄養:あなたの猫の体調が良いか、食事プランに変更が必要かを獣医に相談してみましょう
  • 運動:あなたの猫が受けるべき運動量について獣医と相談してみましょう
  • 耳と目:あなたの猫が受けるべき運動量について獣医と相談してみましょう
  • 耳の健康と目の健康:あなたの猫の口腔衛生に十分気を配り、健康な猫がかかるべき病気の兆候がないか探してみましょう
  • 耳と目:あなたの猫がかかるべき病気の兆候があるかどうかを獣医に相談してみましょう
  • 呼吸:呼吸困難や鼻汁が出ていないか
  • 足腰:衰弱、びっこ、ジャンプ障害、足の爪の問題
  • 被毛と皮膚:毛が多すぎる、グルーミングしすぎ、斑点のかゆみは皮膚に関する問題
  • 泌尿器:毛が少ない、グルーミングしすぎは、皮膚に関する問題の可能性があります。 乳腺の変化、不明な分泌物、排尿障害などは獣医師と相談しましょう
  • 血液検査:老齢の猫、投薬を受けている猫、病気にかかっている猫は、血液検査を行いましょう。

猫に必要なワクチン接種の判断

猫のワクチン接種に関する論争について読んだことがあるなら、あなたはすでにそれについて警戒しているに違いないでしょう。 専門家の中には、猫は毎年予防接種を受ける必要があると言う人もいれば、まだ確定していないが、猫がかかりやすい特定の病気に対してのみ予防接種を行うべきだと考える人もいます。

猫のワクチンがどのくらい持続するかについては、明確な証拠はありません。 ある猫には5年、別の猫には3年、あるいは2年未満しかもたない場合もあります。 多くの研究者が少なくとも3種類のワクチンの組み合わせを行い、結局、狂犬病だけが猫にとって最も重要なワクチンであるという結果になりました。

すべての猫に接種すべき「コア」ワクチンもありますが、その猫のライフスタイル、健康状態、品種、年齢によって、その猫にとって正しいワクチンかどうかが決まります。

AAFPは、汎白血球減少症、猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルスワクチンを3年ごとに猫に接種することに賛成していることを語っている。 しかし、彼らはまた、これらの病気になるリスクが高い猫は、頻繁にワクチン接種の恩恵を受けることをお勧めします。

ワクチンは本当に猫を守るのか

ワクチンは、奇跡的なものではありません。 体が脅かされていると錯覚させることで効果を発揮します。 したがって、猫の体自身の免疫系を刺激して、侵入者と戦う潜在的な抗体を作り出すようにします。 ワックスは、ウイルスを殺すか、私たちはあなたの猫の体内でウイルスを得ることができます。

だから、あなたの猫との獣医への最初の訪問は、彼らの防衛システムを強化するために与えられるブースターショットを含むことができます。

Some Vaccines that are normally not recommended

The American Academy of Family Physicians (AAFP) によって例外的にのみ推奨されるワクチンの一部を紹介します:

  • Chlamydiosis.com。 ワクチンに対する副反応は、猫では非常によく見られます。 クラミジア症に関しては、結膜炎の感染が起こりやすい環境で複数の猫を飼っているお宅に限り、推奨されます。 獣医さんに相談し、必須と判断されればどうぞ。
  • 猫伝染性腹膜炎(FIP)。 すべての猫が感染するわけではありませんが、100頭に1頭は感染する可能性がある恐ろしい病気です。 このワクチンの使用には賛否両論がある。 AAFPのガイドラインでは、このワクチンは推奨されないと明記されていますが、必要であれば、獣医は必ずこのワクチンに関して助言してくれるでしょう。 これはイヌ科の動物によく見られるもので、もしあなたの家で複数のペット(ネコとイヌ)を飼っているのなら、ネコにも必要かもしれません。 日常的に使用することは推奨されていませんが、多頭飼育の環境で猫が被爆した場合は例外が生じる可能性があります。
  • ジアルジア症。 もう一つ最近認められたワクチン、ジアルジア症。 これもAAFPでは、多頭飼育環境のような臨床的意義がある場合を除き、日常的には推奨していません。

Some Other Vaccine Exceptions in Cats

  • 喘息、甲状腺機能亢進症、慢性腎不全、免疫系の弱い猫には接種を推奨していません。
  • コルチゾン療法を受けている猫については、ホリスティック獣医に相談してください。
  • 老猫、10歳以上の猫は、通常ブースターワクチン接種を必要としません。 生後6週未満の子猫は、孤児になった子猫や危険な環境にいる子猫などの散発的なケースを除いて、予防接種を受ける必要はないでしょう。
  • ワクチンによっては妊娠中の猫が死産することがあります。

予防接種の副作用

一般的に猫の予防接種に副作用はありませんが、猫にも個性があり、中には副反応を起こす子もいます。 最近、猫に予防接種をした場合は、何らかの症状が出ないか警戒しておく必要があります。 そして、これらの症状が手に負えなくなったら、すぐに獣医に相談することです。

  • 極度の無気力
  • 発熱
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 食欲不振
  • じんましんなど
  • 異常行動
  • 注射部位周辺の腫れや赤み

ワクチンの副作用が疑われる場合。 獣医に連絡し、特別なケアが必要かどうかを判断してもらいましょう。

Veterinarian giving injection

Bottom Line

猫のワクチン接種について何か決定を下す前に、これについて調べ、獣医に相談することが提案されます。 この記事は、ワクチン接種の初心者向けガイドです。 実際には、あなたの愛猫にはさまざまなニーズがあるかもしれません。 このような場合は、「このような場合は、このような場合は、このような場合は、このような場合は、このような場合は、このような場合は、このような場合は、このような場合は、このような場合は、このような場合は、このような場合は、このような場合は、このような場合は、このような場合は、このような場合は、このような場合は、このような場合は、このような場合は、このような場合があります。 また、他の健康上の問題がある場合は、必ずしもワクチンについてである必要はありません。 いずれにせよ、獣医がワクチン接種を見送ることに同意した場合でも、年に一度の健康診断には必ず連れて行くようにしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。