Kingpin Manufacturingでは、かなりの数の製品で真鍮を使用しています。 主に、ロックナットとワッシャーの製造工程で材料として使用しています。

真鍮は、人類の文明によって利用される最も初期の金属の 1 つとして、何世紀にもわたってさまざまな用途を見てきました。 銅と亜鉛という自然界に存在する2つの材料の合金として、数千年前にさかのぼる真鍮細工の例もあります。

ハンマー

金管楽器 真鍮のハンマーなんて見たことがないと思うかもしれませんが、それは鉄や鋼でできた通常の大量生産のハンマーに慣れてしまっているからです。
真鍮のハンマーは、鉄のような金属よりも「柔らかい」金属であるという利点があり、金属加工業界でのみ使用されています。 そのため、この材料でできたハンマーは、鋼鉄を傷つけたり、傷をつけたりすることなく、鋼鉄を操作するのに使用することができます。

楽器

オーケストラの「金管セクション」という名称には隠された意味はなく、このセクションの楽器の大部分は金管でできています(すべてではありませんが)。 真鍮は容易に加工できるので、これらの楽器に使用されるのです。

これらの楽器の中には、良い音を出すために非常に精密な成形を必要とするものがあります。

Keys

真鍮は腐食に強く、耐久性に優れている。 鍵はその性質上、精密な道具ですから、簡単に欠けたり、変形したりするわけにはいきません。

彫刻

真鍮の彫像や彫刻は、何千年も前からよく見かけるようになりました。 ここでも、真鍮は非常に可鍛性に富んでおり、彫刻に最適です。

宗教的な像が真鍮で作られているのをよく見かけますが、これは金よりも安価な代替品と見なされているためです。 ネットで検索すると、仏陀など多くの神々が真鍮の像で販売されていることがわかる。

Weights

Scales 最後に、体重計用の重りが真鍮で作られていることが多い。 これは生産量が少ないため、価格を抑えることが重要である。 そのため、1ポンドの真鍮は、1ポンドの鉄よりもずっと安価になります。 さらに真鍮は、一日中崩れ落ちる可能性のある分銅に必要な、衝撃に耐えることができます。 真鍮はほとんどの衝突に耐えられるので、欠けがあると重さが変わってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。