私はいつも、信頼できるジープ・グランドチェロキーの代わりに、フルサイズのピックアップか「V8 4ランナーのうちの1台」を買うと言っていました。

検索中に、私はオンラインで見つけられる限りの情報をまとめ、数人のメカニックとトヨタのディーラーの従業員と話をしました。 また、”崖っぷち “と呼ばれることもあるようですが、これは “崖っぷち “ではなく、”崖っぷち “なのです。 そのオフロードの腕前と伝説的な信頼性の両方で、世界中に知られています。 そのため、このような些細なことでも気にすることなく、お気軽にご相談ください。 そのため、このような「萌え萌え」現象が起こるのです。 私も含め、多くの人がこの4ランナーが最高だと信じています。 現在、4ランナーは5代目に突入していますが、新しいから良いとは限りません。 誤解を恐れずに言えば、新型も素晴らしい。

私が4代目が4ランナーのベストバージョンとして歴史に名を残すと思う理由はいくつかあるがね。

  • トヨタがV8エンジンを提供した唯一の世代
  • 快適さと頑丈さの完璧な組み合わせ
  • 現代の直噴エンジンはない
  • シンプル。 時代を超えたスタイリング
  • 牽引に最適(V8モデル)
  • 新車とほぼ同じシャーシ
  • 第5世代よりはるかに手頃

最初の理由が私にとって最大のものです。 4ランナーの全生涯のうち、トヨタはこの7年間、V8しか出していないのです。 それも、トラックやレクサスから引っ張ってきた伝説の2UZだ。

今の方向性を見ていると、もう二度とV8を出すことはないだろう。 この4ランナーファミリーの「ホットロッド」は、時間が経つにつれて聖杯になっていくと思います。 そのバイヤーズガイドをここでチェックしておいてください。

あるフォーラム ユーザーが、トヨタのエンジニアのトップが、彼の意見として、「第4世代の 4 ランナーは、信頼性、寿命、および耐久性の面で、トヨタがこれまでに生産した最高の 4×4 だ」と言ったと述べました。

これは、おそらくこの問題に最も精通している人物のかなり大胆な発言です。

4ランナーモデル

第4世代の4ランナーは、主に3つのトリムレベルで利用できました。 SR5、スポーツエディション、リミテッドの3種類です。 V6とV8エンジンの両方が、すべてのトリムレベルに用意されていました。 米国では、すべてのトリムレベルに2輪駆動と4輪駆動が用意されていました。

SR5

SR5トリムレベルはエントリーレベルの4ランナーであった。 販売台数も最も多かった。 ベースモデルでありながら、充実した機能を備えていた。

スポーツエディション

SR5とリミテッドの間にあるのが、スポーツエディションの4ランナーです。 これは、他の2つのモデルの間の良い妥協点です。 スポーツエディションの最も顕著な特徴は、その大きなフードスクープです。 これは、それが利用可能な唯一のモデルです。

他のスタイリング機能は、チューブラールーフレールとサイドステップ、17″6スポークホイールとスモーククロームグリルとヘッドライトハウジングが含まれる場合があります。 スポーツエディション4ランナーには、X-REASサスペンションやモデル専用のシート生地もあります。

Limited

Limited 4ランナーは、すべてのベルとホイッスルを備えた最高級モデルです。 ヒーター付きレザーシート、イルミネーション付きランニングボード、デュアルゾーン・クライメートコントロール、V8にはリア・エアサスペンション、イモビライザー付き盗難防止システム、ホームリンク式ガレージドアオープナーなどが装備されています。 LimitedにはJBL Synthesisオーディオシステムが標準装備された。 2006年以降のモデルには、18″6スポークホイールも装備された。

Rare Models

トヨタは2008年と2009年に2つの特別な新モデルを提供した。

Urban Runner

アーバンランナーは2008年と2009年にのみ販売されたモデルです。 カラーはホワイト、シルバー、ブラックの3色。 これは、リミテッドからスポーツエディションにいくつかの装備を追加した、より外観の良いパッケージでした。 また、このモデルだけの特別なアルカンターラ/レザーシートもありました。

アーバンランナーは、リミテッドとは異なるバッジと18″のホイールを備えていました。 2009年には “ブリザード・パール “が設定された。

トレイルエディション

トレイルエディションは、2009年(生産終了年)のみ販売された4ランナーです。 アーバンランナーがスポーツエディションにアップグレードされたように、トレイルエディションはSR5へのアップグレードでした。 トレイルエディションは、基本的にFJクルーザーに4ランナーのボディを乗せたものでした。

これは、電子ロック式リアデフを採用した唯一の第4世代4ランナーです。 また、ビルシュタイン・モノチューブショック、FJの16″ホイール、防水ファブリックシート、着脱式TomTomナビゲーションユニットを備えていました。

年式の変遷

4代目4ランナーは、2つの時代に分けられます。 2003年から2005年までは初期、つまりフェイスリフト前と考えられます。 2006年には、いくつかの化粧品の更新を受けた。

2003

これは第4世代4ランナーの最初の年であり、それは以前の第3世代のモデルから大きな変化であった。 これらは中古市場でも最も安く、手に入りやすい。 全世代を通じて多くの人気装備が用意されていたので、これらを避ける必要はない。

2004

この年の目立った変更点は、3列目シートの選択、トランスミッションディップスティックの廃止、タイヤ圧モニターシステムの追加くらい。

2005年の新機能:

  • V6モデルは4速から5速に変更
  • V8モデルはVVT-i(可変バルブタイミング)により、馬力と燃費を向上させることが可能になりました。 それに伴い、排気ガスに新しいエアインジェクションシステムが採用された。

2006

この年、4ランナーはフェイスリフトを受けた。 前年にエンジンとトランスミッションのアップグレードが行われたため、ほとんどの変更は外観上のものでした。

06年の新型。

  • フロントバンパー
  • グリル

  • プロジェクターヘッドライト
  • 丸型ホイールウェル
  • LEDテールライト
    • フロントバンパー
    • グリル

    • 丸型ホイールウェル
    • LED テールライト リアバンパーを変更
    • リミテッドに18インチの新ホイール
    • リミテッドにメモリーシートを追加

    注目すべきは、この年に馬力の評価方式が変更されたこと。 03/04の数値と比較すべきは、V8の2005年のレーティングである。 新しい数値は、オリジナルバージョンのモーターより低いので、不正確だと私は思います。

    2007

    大きな変更はなく、キャリーオーバーの年であった。

    2009

    第4世代4ランナーの最終年。 2009年の変更点は、リア・パワーウインドウのスイッチの位置がダッシュボードからセンターコンソールになったことと、オーバーヘッドコンソールの形状が変更されたことくらいです。

    エンジン

    Toyota 1GR-FE 4.0L V6

    4.0L V6 (1GR-FE)

    V6エンジンは2003年に新発売されたもの。 トヨタが初めてトラックに載せたオールアルミのエンジンです。 このエンジンはV8より少し荒く、騒音も大きいが、タイミングチェーンのおかげでメンテナンスの必要はない。 4.0Lは、ランドクルーザー、タコマ、タンドラ、FJクルーザーにも搭載されました。 このV6は、245馬力と283 lb ftのトルクで評価されています。

    Toyota 2UZ-FE 4.7L V8

    4.7L V8 (2UZ-FE)

    トヨタは他の成功したトラックから 4.7L V8を借用しました。 ランドクルーザー、タンドラ、セコイア、そしてレクサスGX470、LX470に搭載されています。 32バルブクアッドカムエンジンで、ブロックは鋳鉄製、ヘッドはアルミ製です。 V6に比べ、明らかにスムーズで静かなエンジンです。 レクサス版4ランナー(GX470)にV6が設定されなかったのは、おそらくこのためだろう。 V6と違って、V8は約10万マイル(16万キロ)ごとにタイミングベルトを交換する必要があります。 そのため、このような弊順の嶄で、弊順の嶄で、弊順の嶄で、弊順の嶄で、弊順の嶄で、弊順の嶄で、弊順の嶄で、弊順の嶄で、弊順の嶄で、弊順の嶄で、弊順の嶄で、弊順の嶄で、弊順の嶄で、弊順の? そのため、このようなことが起こるのです。 V6 は燃費が良く、タイミングベルトが不要で、V8 はパワー、トルク、サウンドに優れていますが、若干喉が渇きます。 そのため、このような「曖昧さ」があるのです。 V6、V8ともにトルセン式リミテッド・スリップ・デフ付き2速トランスファー・ケースを採用。 通常運転では、前輪に40%、後輪に60%を送ります。

    ホイールスリップを感知すると、前輪に53%、後輪に71%もの割合で送ります。 V6モデルはマルチモード、シフトオンザフライ4WDを採用し、V8モデルは4ローにシフトできるフルタイム4WDを採用していました。 トランスファーケースは4ハイ、4ローの両モードでロックが可能です。

    サスペンション

    すべての第4世代4ランナーは、独立したフロントサスペンションとソリッドリアアクスルを備えています。 オートレベリングと高さ調整可能なリア・エアサスペンションは、V8 Limitedモデルに設定された。 リアのコイルスプリングをエアバッグに変更し、車体の後部を上下させることができるようになりました。 リア・エア・サスペンションは、トヨタのX-REASサスペンションとの組み合わせでのみ提供された。

    X-REAS Suspension

    これはトラックの各コーナーを斜めにリンクするトヨタの気のきいたショックシステムである。 実はこれ、ヤマハが設計したものなんです。 各ショックは油圧ラインで反対側のコーナーに接続されています。 このシステムは、ボディのロールとオンロードでのハンドリングを助けるために作られました。 X-REASはSport EditionとLimitedモデルでのみ利用可能でした。

    牽引能力

    4.0L V6エンジンを搭載した4ランナーの牽引能力は5,000 lbsと評価されています。 4.7L V8エンジン搭載モデルは7,000 lbs(2WD車は7,300)牽引可能です。 V6とV8モデルには、それぞれ異なるトレーラーヒッチが付いています。 V6は、より多くのバンパー引きであり、素敵な、高いタックアップ。 V6のヒッチは、より低い位置に吊り下げられ、フレームに直接取り付けられます。

    不思議なことに、カナダのV8モデルのいくつかは、実際にV6のヒッチで販売されていました。 私のはその一つです。 私は、エンジンよりもヒッチの牽引定格にこだわることをお勧めします。 また、このような場合にも、「峠の峠」と呼ばれるように、峠を越えたところにある峠で、「峠の峠」と呼ばれるように、峠を越えたところにある峠で、「峠の峠」と呼ばれるように、峠を越えたところにある峠で、「峠の峠」と呼ばれるように、峠を越えたところにある峠で、「峠の峠」と呼ばれるように、「峠の峠」と呼ばれるように、「峠の峠」と呼ばれるようになった。 そのため、フルサイズのピックアップトラックのようにうまく牽引することはできません。 しかし、V8モデルの場合、7000ポンドを牽引できる中型SUVは非常に印象的です。

    燃費

    4ランナーは、どのエンジンを選択しても、特に燃費の良い車ではありません。 また、このような場合にも、「匠の技」を発揮することができます。 また、このような場合、「ugg(アグ ブーツ)」と「ugg(アグ ブーツ)」は、「ugg(アグ ブーツ)」と「ugg(アグ ブーツ)」は、「ugg(アグ ブーツ)」と「ugg(アグ ブーツ)」は、「ugg(アグ ブーツ)」と「ugg(アグ ブーツ)」は、「ugg(アグ ブーツ)」は、「ugg(アグ ブーツ)」は、「gg(アグ ブーツ)」は、「gg(アグ ブーツ)」は「doug.tv.gg. レクサスGX470、FJクルーザー、タコマ/ハイラックス、ランドクルーザープラド、5代目4ランナー、ハイラックスサーフと共有しているのである。 つまり、4ランナーはフレームデザイン、サスペンション、そしてドライブトレインの多くをこれらの車種と共有しているのです。

    これらのトヨタ車は、世界のどこにでも持っていける車であり、修理するための部品を見つけることができる。 このような場合、「某社はどうですか? また、このような場合、「au」「softbank」「softbank」「softbank」「softbank」「softbank」「softbank」「softbank」「softbank」「softbank」「softbank」「softbank」「softbank」「softbank」「softbank」「softbank」「softbank」「softbank」「softbank」「softbank」「softbank」「softbank」「softbank」「softbank」「softbank」の4つです。 私の意見では、V8を搭載した2006年以降のモデルチェンジしたものが最も望ましいと思います。

    よくある問題と寿命

    第4世代4ランナーには、心配するような大きな問題はあまりありません。 また、このような場合にも、「錆びないようにメンテナンスしておけば、50万マイル(804,000km)以上持たないということはないだろう」(同)。 とはいえ、どんな車も完璧ではありません。 このような状況下で、4.7L V8エンジンのエキゾーストマニホールドに亀裂が入り、特に冷間時にエンジンから大きなカチカチ音がするようになりました。 エンジンの速度を上げると音が速くなる場合、それは排気マニホールドが割れている可能性があります

    これは、物事の組み合わせによって引き起こされます。 マニホールドは、一次触媒コンバータを含む一体型設計です。 トヨタは、排ガスの目的のためにそれらを迅速に加熱するために薄い金属を使用し、触媒コンバータの重量が背面からぶら下がっていると組み合わせることで、時間の経過とともにクラックが発生します。 私は、トヨタのディーラーから、マニホールド 1 つだけで 2,000 カナダドル以上と見積もられましたが、これには工賃は含まれていません。 別のOEM部品と交換することで、チャンスはそれが再び道を失敗することです。

    私はダグソーリーからヘッダーのペアにアップグレードすることを選択しました。 これらは、厚いステンレス鋼であり、生涯保証を持っています。 彼らは、はるかに信頼性の高いオリジナルのマニホールドよりも、さらに馬力、トルク、燃費を提供しています!

    割れたマニホールドからの漏れのサイズは、チェックエンジンライトをトリップするか、ドライバビリティに影響を与えるほど大きくはないようです。 それはちょうどあなたを狂わせる迷惑な/恥ずかしい音です。

    エアサスペンションの漏れ

    リアエアサスペンションシステムは、いくつかの故障が発生しやすいものです。 ゴム製のエアバッグやラインのフィッティングからの漏れはよくあることですし、ハイトセンサーの不具合もあります。 これらは、修理にやや費用がかかり、致命的な故障の場合は立ち往生する可能性があります。

    このシステムは、機能しているときは便利ですが、機能していないときは苦痛です。 私は、リヤをスプリングに変えて、このシステムを完全に取り除きました。

    Sticky brake calipers

    Some people might tell you this applies only to early years of the 4th gen 4runner, but that’s not true. 私は1年以内に2つのキャリパーで問題を起こしました。 リアは清掃とグリスアップだけで、フロントは交換が必要でした。 他の2つはすでに交換されていることがサービスヒストリーで確認できます。

    これはトヨタの問題というより、カナダでの生活の問題だと思います。

    Air injection pump fails on 4.7L V8

    これについては、どう感じているのかよくわからないのですが。 私は一度も問題になったことがありませんが、ネット上の他の人は問題にしています。 但し、(1)このような場合、(2)このような場合、(3)このような場合、(4)このような場合

    Head gasket failure on 4.0L V6

    It’s noted on the forums that the early (03/04) model V6 4runners had some problems with head gaskets.

    これはトヨタの4ランナーで1番のキラーだと思います。 これは、トヨタの4ランナーの一番の被害者だと思います。 また、このような錆びは、リアハッチだけでなく、足回りの錆びもよくあります。 4ランナーのサビを防ぐことができれば、4ランナーをいつまでも使い続けることができます!

    トランスファーケースアクチュエーターの焼き付き

    4WDから4ローにシフトするトランスファーケースアクチュエーターは長い間使っていないと焼き付くことがあります。 4ランナーをオフロードで走らせる予定がないのであれば、これは大した問題ではありません。 もしそうなら、これは高価な修理になることがあります。 それは、焼結アクチュエータを交換するために、トランスファーケースを分解して再構築する必要があります。

    Savvy 4runner オーナーは毎月「それを使用またはそれを失う」ルーチンに固執します。 4ハイから4ローへのシフトチェンジと、月に一度のトランスファーケースのロック/アンロックです。

    ダッシュボードのひび割れ

    南部の気候に属する4ランナーの中には、ダッシュボードのひび割れに悩まされる人がいます。 長時間の太陽熱と紫外線が原因です。

    X-REAS suspension

    X-REAS サスペンションは機能しているときは素晴らしいものです。 残念ながら、他のショックアブソーバーと同じように、時間とともに摩耗してしまうのです。 これは、対角線上にある両方のショックを同時に交換しなければならないため、通常のシステムよりも交換費用が高くなります。 ショック単体で交換することはできません。

    多くの人は、システムが摩耗すると完全に捨ててしまい、通常の高性能ショックに安価でアップグレードすることができるのです。 私はこのFox 2.0 coiloversに交換しました。

    Driveshaft clunk

    こちらは、完全に停止したときに、何かがトラックを前に押すような感じを伴うclunk音として報告されているものです。 怖いと思うかもしれませんが、実はたいしたことではありません。 ドライブシャフトにグリスを詰めたら治るはずです。 これは大きな問題ではありません。

    Dash lights burnt out

    HVAC ユニットの後ろのライトは、時間とともに焼き切れる傾向があります。 これは、ダッシュボードからユニットを引き出して、電球を交換する必要がある、かなり簡単な修正です。

    ここでは、第4世代4ランナーで最初に行うべき最適な改造を紹介します。

    4runner Tips and Tricks

    • Toyota は 91 オクタンの燃料を推奨していますが、87 オクタンを安全に使用することができます。
    • 駐車場から出るとき、または時速13マイルに達したときに自動的にドアがロックされるようにプログラムすることができます。 上げるには、ハッチのロックにキーを差し込んで右に回す
    • ステアリングホイールのオーディオコントロールの「モード」ボタンを押し続けると、ステレオのオン/オフができる
    • センターコンソール裏には、折り畳めるゴミ袋ホルダーがある
    • リアハッチをバタンと閉める必要がない。 ラッチにそっと当てると、電気モーターが最後の1インチまで引っ張って閉めてくれます
    • ムーンルーフを開けて運転しているとき、風防は時速57マイルに達すると自動的に下がり、45マイル以下になると再び上がります。 これは高速道路での風切り音を減らすのに役立つ
    • 後部座席の中央アームレストから「バーガートレイ」が折りたためる
    • リモートでドアのロックを解除しても30秒以内にどのドアも開かなければ、勝手に再ロックする
    • フロントシートをずっと前に動かし、ヘッドレストを取り外し、ずっと後ろに傾けるとリアシートと並んでベッドとなる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。