春が近づくと、多くの人が前庭の芝生の手入れについて考えるようになります。 家の前庭の芝生は、家の外観に影響するため、最も気になる場所のようです。 前庭の芝生の手入れを考えると、芝の種を植えようと思うかもしれません。 芝生の種を植えることは、通常、多くの人が芝生の質を向上させようと考えたときに考えるステップの一つです。 特に前庭の芝生の場合ですが、次に考えるのは、聞こうかどうしようか迷うことが多い質問です。 多くの人が疑問に思うのは、”芝生の種の上に表土を敷くべきか “ということです。
植えた後の種子の上に表土を敷くことは良いアイデアのように思えるかもしれませんが、そうではない理由をご説明します。 表土は種子を保護し、発芽を助けると思われるかもしれませんが、残念ながら、発芽した草の種子は、表土のような重い土を突き破ることはできません。 植えたばかりの種子に表土をかぶせると、草の苗が窒息してしまい、結局、発芽するチャンスさえなくなってしまうのです。 芝生を植えるには、適切な土作りの方法があります。
種子が発芽するとき、彼らはいくつかの珍しい癖を持っている、彼らはあなたが扱うのに慣れているかもしれない他の苗とは少し異なっている。 多くの種類の種子は長方形の形をしていて、小さいです。 他の種類の種子と異なり、草の種子は表土や土のようなものを突き破ることができません。 彼らは非常に小さいとかなり実際に発芽の段階で本当に敏感です。 表土や土で覆われることはあっても、むき出しにされることはないのです。 草の種は、水分のある土の中の暖かいニッチを好みます。 それが実現できれば、種は発芽し、草の素晴らしい青々とした芝生を提供することができます。 そのため、このような弊順嶄で恷兜の溺來を恬ることができるのです。 しかし、芝生に種を撒く前に、必ず芝生が処理され、空気が入っていることを確認してください。 エアレーションによって、土は表面下に入りながらも、厚い土の層で覆われることがない程度に砕かれるのです。 エアレーションによって、苗の1本1本が発芽して成長するための浅い植え込み場所を作ることが理想的です。 草の種で、覆われすぎていないことを確認するルールは、土の中にあるときに種が10%程度見えることです。 種が見えすぎたり見えなさすぎたりする場合は、土壌の通気性が十分でないか、または通気性がよすぎることを示しています。
草を植えるとともに、草を保護し、よく育つようにするために行うことができる追加の作業があります。 種子の上に表土をかぶせれば保護できると考える人が多いようですが、実はそれでは苗を窒息させてしまい、何の効果もありません。 そこで、藁や干し草などのマルチング材を使用することをお勧めします。 この資材を1/4インチほど薄く敷き詰めると、一般的な風や害虫から種子を保護することができます。 また、土壌の保湿にも役立ちます。 水分が保たれていると、発芽のプロセスがタイムリーに行われ、苗が成長することができます。 藁や干し草などのマルチング材は、苗を保護するだけでなく、劣化した後の水分を保持し、土に栄養分を加えて、草の種を定着させるのに有効です。 水と保護層を追加することは本当にそれがあなたが探している美しい芝生になるのに役立ちます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。