音楽を学ぶ学生が、いつかは生計を立てたいと願う世界では、芸術対商業が引き続き問題となります。

多くの大物作曲家や音楽家が正式な訓練をまったく受けずにインパクトを与える世界においても、ジュリアードなどの伝統的な音楽学校が、全体としてはいまだに上位にランクインしています。 伝統的な音楽教育を受けたい人にとって、音楽院は、業界のビジネス面のプレッシャーを受けずにスキルを伸ばす効果的な方法です。

「その点で、音楽院は私にとって形成的だったと思います」と、映画『ホームズマン』の作曲家マルコ・ベルトラーミは、イェール大学の音楽院での経験について語っています。 「その点では、音楽学校は私にとって形成的だったと思います。 しかし、最近「ハウス・オブ・カード」の仕事でエミー賞を受賞し、イーストマン音楽学校のプログラムを作成している作曲家のジェフ・ビールは、音楽家として生計を立てる鍵は多様性にあると言います。

「ジュリアードを卒業してすぐに来た若い作曲家にたくさん会いましたが、彼らの多くは素晴らしいコンサート作曲家で、映画の仕事に関心を持っています。 音楽制作の将来について私が感じているのは、この境界線はこれからも曖昧になり続けるだろうということです」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。