強迫性障害(OCD)の患者さんは、動揺する考えが持続し(強迫観念)、これらの考えが生み出す不安を抑えるために儀式(強迫観念)を行います。 強迫性障害がひどくなると、これらの儀式がその人の日々の活動や人間関係にまで支障をきたすようになります。 例えば、高齢者が細菌や汚れに取り付かれている場合、血が出るまで何度も手を洗う強迫観念を持つようになるかもしれません。

ADVERTISEMENT

AgingCare.com の無数の会員が、介護者フォーラムで高齢の愛する人の強迫観念や強迫行為を共有し、これらの異常行動に対するアドバイスや洞察を受け取っています。 よくある強迫観念には次のようなものがあります:

  • “私の高齢の父は数を数えることに夢中です。”
  • 「私の叔母は、3は “幸運の数字 “で、1はそうではないので、1回ではなく3回髪を洗います」
  • 「私の年老いた母は、ポケットや袖、ベッド、ベッドの下、洗濯機、そして食べ物に至る所、使用済みで丸めたティッシュを家中に隠しています」

OCDを持つ人にとってこうした行為を行うことは楽しいことではありません。 せいぜい、強迫観念によって引き起こされる不安から一時的に解放される程度です。 強迫性障害は通常、生涯続く不安障害と考えられていますが、高齢者が人生の後半に症状を発症した場合、アルツハイマー病や他のタイプの認知症の発症に関連している可能性があります。

健康な習慣と強迫行為の違い

健康な人は、家を出る前にストーブが消えているかどうかダブルチェックするなど、習慣を身につけていますが、習慣は無心で行われ、その裏にはわかりやすい目的があります(火を出さないためにストーブが消えていることを確認すること)。 OCDの人たちは、そうすることが苦痛であり、日常生活に支障をきたすにもかかわらず、繰り返し儀式を行うという違いがあります。 儀式には行動そのものとは関係のない目的があります(強迫観念による不安を最小限にするため)。OCDの人は、強迫観念をコントロールすることが限られています。

成人のOCD患者のほとんどは、自分の儀式的行動が無意味であると認識していますが、自分の行動が普通でないことに気がつかない可能性もあります。 よくある儀式としては、物を繰り返し確認する、物に触れる(特に特定の順序で)、物を並べ替える、物を数える、などがあります。 また、OCDの人は、秩序や対称性にこだわったり、物を捨てるのが苦手だったり、不要な物をため込んだりします。

儀式的行動の原因となる強迫観念とは? 強迫神経症の人は、頻繁に心配事で頭がいっぱいになることがありますが、本当の強迫性障害の人は、これらの侵入的な考えをコントロールできないように感じ、そのために多くの時間を費やすことになります。

よくある強迫観念には、他人や自分に対する暴力を頻繁に考えること、望まない性的思考が持続すること、宗教上の信念で禁止されている思考を持つことなどがあります。 完璧主義も強迫観念のひとつで、OCDを持つ人は、均一性、正確性、欠点やミスの最小化に固執します。

OCDはどの程度一般的ですか? 男女ともほぼ同数で発症し、通常、小児期、思春期、成人期初期に現れます。 研究により、OCDは家族内で発症する可能性があることが示されています。 病気の経過は様々で、症状が出たり出なかったり、時間の経過とともに緩和されたり、悪化したりします。 OCDを持つ人々は、強迫観念の引き金となる状況を避けたり、薬物やアルコールを使用することで、症状を抑えようとします。 例えば、アルツハイマー病や前頭側頭型認知症の高齢者は、強迫観念を経験し、介護者を困惑させるような儀式的行動をとることがあります。 実際、初期に見られる認知症関連の行動は、OCDに特徴的な強迫観念のサイクルとよく似ています。

ADVERTISEMENT

認知症高齢者では、周囲の環境を理解し、認知機能が低下しても「正常」レベルで機能を継続しようとするため、全般的に不安がよくみられます。 短期的な記憶の欠落により、儀式のように特定の行動を繰り返すことがあります。 もし高齢者に強迫観念や強迫行為の既往がなく、人生の後半にOCDの症状が現れ始めたら、すぐに医師の診察を受けることが重要です。

OCDの治療法

OCDは通常、暴露型の心理療法で治療します。これは恐怖や不安を引き起こす状況に直面し、それに対して脱感作をするものです。 抗うつ剤などの薬物療法も併用されることがあります。 OCDはしばしば家族生活に問題を起こし、社会的適応に影響を与えるため、障害に対する理解を促し、対立を減らすために家族療法が勧められることもあります。

認知症の高齢者にとっては、治療は症状のごく初期の段階でのみ有益であると考えられます。 認知機能の低下が悪化すると、薬物療法やリダイレクトやバリデーションなどの非薬物療法が認知症患者の不安を管理するための最良の方法となるのが普通である

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。