フランスの研究者による新しい研究によると、鼻息が荒い馬ほど幸せであるとのことです。

レンヌ大学の Mathilde Stomp 氏率いる研究チームは、馬のポジティブな感情反応を測定することで、福祉活動の改善につながることを期待しています。

オープンアクセス誌のPLoS ONEに寄稿したMathilde氏とその同僚は、馬の「鼻息」、つまり、しばしばゴミを取り除くための手段として考えられてきましたが、逸話的に「ポジティブな状況変化や、サイのように採食中」に関連しているものに注目したと述べています。

「本研究では、軽度の陽性興奮の結果として、鼻息は一過性の陽性生理的変化の行動的反映であるかもしれないと仮定した」と研究者は述べている。

研究者は、「鼻息」と馬が警戒または好奇心で発する他の鼻息の音との重要な区別をつけた。 鼻息」は、空気を吐き出しながら鼻孔の振動によって生成される多かれ少なかれパルス状の音に対応し、「鼻息」と比較してやや長い持続時間を持つ。 「

ブルターニュで行われた研究では、2つの乗馬学校と2つの個人所有者の4つのグループに48頭が参加しました。

研究では、両方の乗馬学校を「制限された住宅条件によって特徴づけられる」とし、馬は出番の少ない厩舎で飼育され、週に4〜12時間働かされると説明しています。

他のグループは二つの個人宅から、自然な条件で確立したグループで暮らす馬で、時々レジャー乗りに使われました。

一人の実験者が鼻息を記録し、同時に馬の耳の位置などの行動・姿勢信号のデータも収集した。

また、研究者に対する攻撃的な反応の数、示された定型的な行動の数、給餌中に耳を後ろにして過ごした時間の割合、壁に直面して過ごした時間の割合という4つの要素を考慮した「慢性ストレススコア」を記録した。

二つの乗馬学校集団において、馬は平均して1時間に5.66±3.32回のスノー トを出した。

自然な環境で飼育された馬は、草を食べているとき(68.9%)、またはゆっくりと探索的に歩いているとき(20.1%)に、主に鼻息を荒くした。

乗馬学校馬も食事中に最も多く鼻息を出した。厩舎で干し草を食べているときに67.3%、放牧中に69.6%を記録した。

鼻息の発生と福祉スコアの間に相関も見られ、放牧地ではストレスサインが減少し鼻息の反応は増加した。

「ポジティブな感情の指標としての鼻息の潜在的な面白さを検証することを目的とした本研究では、鼻息の生成はよりポジティブな文脈(放牧中、摂食中)および状態(耳を前に出した状態)と関連しており、福祉の変化を示す馬では頻繁ではないことが明らかになりました」と本研究は述べている。

「結論として、この研究は鼻息の機能に疑問を投げかけています。 我々は、それが低強度の肯定的な感情に関連するリラクゼーションフェーズを示すであろうことを提案し、したがって、慢性的に良好な福祉状態にある馬によってさらに発現される」と付け加えた。

以下に続く…

馬は人間の表情によって行動を変えた

馬は人間の表情で感情を見分けることができます。 新しい研究によると

saumur CDI

Credit: G. Ashton-Coulton

人間の感情の絵と録音された声の絵が一致しない場合、馬の反応が異なることが研究でわかった

「ただし、ストールと牧場の文脈に存在するほこりの違いについては詳細に検討されていないため、今回の研究では鼻息の衛生機能を完全に否定することはできないが、結果としては、これが個々の馬ごとの違いを説明するとは考えにくいことが示された。”

最新のニュース分析、競技会レポート、インタビュー、特集など、毎週木曜日発売のホース & ハウンド誌をお見逃しなく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。