Scientific Reports の最新号に掲載されたこの発見は、MSU 電気・コンピュータ工学教授の Ramakrishna Mukkamala 氏率いる科学者のチームによって行われました。

「『自分撮り』用のスマートフォンにすでにある光学および力センサーを活用して『覗いたり跳ねたり』を採用し、我々は血圧をチェックするための実践的ツールを発明した」と彼は述べました。 “このようなユビキタスな血圧モニタリングは、高血圧の認識とコントロール率を向上させ、それによって心血管疾患の発生率と死亡率の低減に役立つかもしれません。”

今年初めにScience Translational Medicineに発表した論文で、Mukkamalaチームは、血圧アプリとハードウェアを発明してこのコンセプトを提案していました。 スマートフォンとアドオンの光学および力センサーの組み合わせにより、チームは、ほとんどの医療現場で標準となっている腕カフ測定に匹敵するデバイスを作り出しました。 指で押すだけで機能やアプリを開きたいユーザーが利用できるPeek and popは、現在、多くのiPhoneに標準搭載されており、一部のAndroidモデルにも含まれています。

現在のペースで物事が進めば、2019年後半にはアプリが利用できるかもしれないと、Mukkamala氏は付け加えます。「当社のオリジナルのデバイスと同様に、アプリケーションはまだ標準規制試験で検証する必要があります」と彼は述べています。 “しかし、追加のハードウェアは必要ないため、このアプリはより早く社会に到達できると考えています。”

国際的には、このアプリはゲームチェンジャーとなる可能性があります。 高血圧は生活習慣の改善と薬物療法で治療可能ですが、高血圧の人のうち、自分の状態をコントロールできているのは20%程度にすぎません。 この発明は、患者に便利なオプションを提供し、毎日の測定値のログを維持することで、正確な平均値を生み出すだろうと、Mukkamala は付け加えました。

Anand Chandrasekhar, Keerthana Natarajan, Mohammad Yavarimanesh –すべて電気およびコンピューター工学博士候補–がこの研究に貢献しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。