性器ヘルペスは、単純ヘルペスウイルスによる性感染症(STI)のことです。 このウイルスを持つ人の性器、大腿部、肛門の水疱やただれに含まれる液体に直接触れることで、その部分に熱感、かゆみ、痛み、不快感などの症状を引き起こし、無防備な親密接触によって感染します。

水疱ができる前に、排尿時の不快感、熱感、痛みを伴う尿路感染、軽いかゆみ、性器部位の圧痛などの症状が出ることが多いので、ヘルペスが起こりそうなことがわかる場合があります。

性器ヘルペスの写真

7 性器ヘルペスの主な症状と写真

主な症状

性器ヘルペスの主症状と症状はウイルス保有者との無防備な性交渉後10日から15日後に生じます。 これらは

  • 性器に水疱が生じ、これが破裂して小さなただれができる。
  • かゆみや不快感がある。
  • 尿道のごく近くに水疱がある場合、排尿時に熱感がある。
  • 痛み;
  • 排便時の痛み、水疱が肛門に非常に近い場合;
  • 股間の腺の腫れ.

これらの症状に加えて、倦怠感、悪寒、頭痛、倦怠感、食欲不振、筋肉痛、疲労感など、より全身的なインフルエンザ様の症状が現れることがありますが、これは性器ヘルペスの初発時や水疱が大量に出現して性器領域の広い範囲に広がっている重症例で多くみられます。

性器ヘルペスは、陰茎と外陰部に生じるほか、鞘、肛門周囲、肛門、尿道、または子宮頸部に生じることもあります。

治療の進め方

性器ヘルペスの治療は、婦人科、泌尿器科、一般開業医の指導のもとで行い、症状の緩和、体内のウイルスの増殖速度を抑える、合併症を防ぐ、ひいては他人にうつす危険を減らすために、アシクロビルやバラシクロビルなどの抗ウイルス薬を錠剤や軟膏で使用することが推奨されます。

また、性器にできた水疱は痛みが強いため、軟膏やリドカイン、キシロカインなどの局所麻酔薬を処方して、皮膚の保湿と患部の麻酔を行い、痛みや不快感を和らげることもあります。 性器ヘルペスの治療について詳しく見る

ウイルスは体内から完全に排除できないため、他人に感染させないために、手洗いを徹底し、水疱を破裂させないこと、すべての性交渉でコンドームを使用することが重要である。

性器ヘルペスの診断

性器ヘルペスの診断は、医師が症状の評価を通じて行い、特徴的な症状は、性器領域に痛みを引き起こす水疱が現れることです。

性器ヘルペスについてもっと知る

性器ヘルペスの診断は、医師が現在の症状を評価することによって行われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。