8月のタイ旅行は雨季と重なりますが、だからといって行ってはいけないというわけではありません。 そうではありません。 8月のローシーズンにタイを訪れる良い理由はたくさんあります。 観光地はあまり混雑していませんし、国内線ではキャンペーンがよく行われ、ホテルの部屋も割引で購入できます。

Visit Thailand in August

写真は8月に撮影。 上から時計回りに、メコン川からラオスを望むナコンパノム、晴れた日のパタヤ近郊のラーン島、ナコンラチャシマのワット・パヤップでのシリキット王妃の誕生日

8月のタイの天候

8月に1週間以上タイを訪問すると、ほぼ間違いなく雨ですが、あまり天候にはこだわりすぎないようにしましょう。 8月にタイのどこを訪れても、天気は変わりやすいということを覚悟してください。 サムイ島やホアヒンのビーチでは、澄み切った青空と陽光に恵まれるかもしれません。 一方、タイの北東部では、前線の影響で大雨が降り、洪水が発生することもあります。 豪雨に見舞われることもありますが、8月は気温が高く、日照時間が長いのが特徴です。 メーホンソンなどの地方でタイの田園風景を楽しんだり、スコータイやチェンマイなどの地方でタイの文化に浸るには、このグリーンシーズンが最適です。 (℃)

平均最高気温
Temp. (℃) 平均降水量
(mm) バンコク 24 32 187 チェンマイ 23

31

227 Hua Hin 25 33 96 Ko Chang 24 30 1098 サムイ島 25 32 106 クラビ 25 31 266 Pattaya 26

の場合

31 91 プーケット 25 31 272

8月に行きたいタイの島、ビーチリゾートといえばどこですか?

統計的には、タイのアンダマン海岸に比べ、タイの湾岸では8月は雨が少なくなります。 つまり、タイ湾に浮かぶサムイ島、パンガー島、タオ島などの島々は、アンダマン海岸のプーケットやクラビに比べ、はるかに雨が少ないということです。

パタヤの華やかさは誰にとっても好ましいものではありませんが、この海辺のリゾートは8月の良い拠点となります。 この時期のパタヤの天気はそれなりに良く、雨の日でも楽しめることがたくさんあります。 小さな可愛い島、ラン島へはボートですぐですし、北のシーチャン島へも小旅行ができます。 バンコクにも近いので、タイの首都への日帰り旅行も簡単に手配できます。 東海岸のラヨーンやサメット島には、パタヤよりも美しいビーチがあり、こちらも検討する価値があります。

8月のイベント & フェスティバル

8月のタイのメインイベントは、8月12日のシリキット女王の誕生日です。 この日はタイでは祝日で、母の日としても祝われます。 8月12日には、タイ王妃に敬意を表して、各地で何らかのお祝いが行われることでしょう。 シリキット王妃は金曜日に生まれ、タイの文化では王妃の誕生色は青です。 王室の標準服も同じ理由で水色です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。