粘土は、原産地に存在する残留粘土と、侵食作用によって原産地から除去され、新しい、おそらく遠い位置に堆積した堆積粘土とも呼ばれる輸送粘土に分類される。 花崗岩のようにシリカとアルミナを含む岩石の化学的分解、石灰岩のように粘土質の不純物を含む岩石の溶液、そして頁岩の分解と溶液である。

粘土は、相互に結合したケイ酸塩のシートと、金属原子、酸素、水酸基からなる第2のシート状のグループからなり、カオリナイトのような2層構造の鉱物を形成している。 また、後者のシート状構造が2枚のシリカシートに挟まれて、バーミキュライトのような3層鉱物を形成することもある。 石化過程では、圧縮された粘土層が頁岩に変化することもある。 この頁岩は、層内で発生しうる強い熱と圧力のもとで、粘板岩に変成することができる。

  • はじめに
  • 特性と分類
  • 形成
  • 用途
  • 土としての粘土

文献

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。