この章では、過去数十年にわたる人間の交尾に関する研究の理論的、実証的進歩をたどることができる。 進化以前の初期の定式では、男女の交尾の動機は同一であると提唱されていた。 その多くは単純化されたもので、交尾の動機は「類似性」「公平性」「相補性」の追求という単一なものであるとするのが一般的であった。 人間の生殖生物学には大きな性差があり、特に女性は体内受精の負担が大きく、親の義務的投資も大きいことから、選択による進化が性差のある交尾戦略を生み出さないということは、非常に考えにくいことであった。 過去15年間の実証的研究により、性的多様性への欲求、受胎の手がかりの重要性、資源提供の重要性といった領域で、進化的予測がしっかりと確認された。 最近の研究では、女性のセクシュアリティの隠れた側面、すなわち、ペア外パートナーへの欲求とその欲求が表出される条件が明らかにされている。 私たちは今、人間の交配戦略の進化的定式化の理論的・実証的輪郭をつかんでいるのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。