FacebookShare

NABshow organizationからの最新の声明が掲載されています。

NAB Show Status

我々のショーコミュニティの健康と安全は、引き続き我々の最優先事項です。

ネバダ州でCOVID-19コロナウイルスの感染が確認されたことを受け、現地の公衆衛生当局、コンベンションセンター、およびその他のパートナーに連絡を取り、状況を評価し、ショーのゲストの健康と安全のために強化されたプロトコルを決定しています。 詳細が判明次第、このウェブサイトを更新し、すべてのお客様とパートナーにご連絡いたします。

ショーの変更

現在のところ、NAB Showは責任を持って前進しています。 WHOやCDCのような世界的、連邦的、地域的な保健当局からの指示を引き続き受けており、米国本土への旅行通知や公共の集まりの制限はありません。

今年のショーに参加しないことを決めた出展者や参加者がいることを理解しており、彼らが最善だと信じることを実行したい皆さんの気持ちを尊重しています。 この数週間、私たちは、私たちの業界と彼らのビジネスを前進させることに興奮している多くの出展者と参加者から話を聞きました。私たちは、コロナウイルスに関する進行中の懸念に留意しつつ、彼らにこのプラットフォームを提供するショーを開催するよう努力しています。 実際、出展者の約96%はまだ参加する予定であり、参加しない4%のうち80%以上は中国からの参加者で、旅行制限のために参加できません。

私たちは、コロナウイルス(COVID-19)による旅行制限の影響を受け、今年直接参加できないショーコミュニティのメンバーの落胆と分かち合っています。 私たちは、渡航制限の影響を受けている出展者や参加者と連絡を取り、可能であれば、彼らがショーの利点の一部を体験し、遠隔で直接参加者に付加価値を与えられるよう、選択肢について一緒に取り組んでいます。

同時に Adobe は参加しないことを発表しました。

Adobe Withdraws from NAB Show 2020

毎年、NAB でビデオ コミュニティに会い、最新のトレンドや当社の製品イノベーションについて話をすることを楽しみにしています。 この数週間、私たちはCOVID-19を取り巻く状況を注意深く監視し評価してきましたが、今年のショーへの出展を取りやめるという、難しいながらも重要な決断をしました。 近い将来、デジタル体験を通じてNABコミュニティと関わることを楽しみにしています。

アドビとニコンのNABショーからの撤退は、2月末に日本で毎年開催されているCP+2020が中止されたのに続くものです。 COVID-19の影響はトレードショーの領域外にも及んでおり、ウイルスはカメラメーカーのサプライチェーンに影響を与えています。 ニコンは、フラッグシップDSLRカメラ「ニコンD6」の発売を今月から5月まで延期すると発表したばかり。 キヤノンは、日本の3つの工場で積極的に生産を停止しました。

COVID-19コロナウイルスは、すでに写真業界を含む世界中の産業に大きな影響を与えており、企業は従業員のリスクを軽減するために懸命に取り組んでいます。 世界中の政府や保健機関がCOVID-19の理解を深め、封じ込めるために取り組んでいるため、このウイルスが写真業界に与える影響の範囲を予測することは困難ですが、今日のアドビの発表が、今後数週間から数ヶ月の間に聞くことになるこの種の発表の最後ではないと考えてよいでしょう。 COVID-19が写真業界に与える影響の詳細については、こちらをご覧ください。

FacebookShare

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。