まず、星(または惑星)と空の他の物体を区別するのは簡単です。飛行機やヘリコプターなどは、ほとんどの場合、短時間に(大幅に)位置を移動し、色や強度の変化は、たとえ急速であってもパターン化されます。星や惑星は地平線に近いときだけちらつきます。もし、地平線から約4、5こぶし(腕の長さ)以上離れたら、「ちらつき」は天頂(あなたの頭の上)に近い星で劇的に少なくなり、「ちらつき」はほんの少しで色は変わりません。なぜこれが起こるかについては、まあ、光の屈折と分散が短い答えです。 これは、夜明けや日の出の太陽や月と同じ効果ですが、光源がずっと小さく焦点化されているため、私たちはその変化にもっと気づくことができます。 色の変化は青からスペクトルのほとんどを通過する赤に行くことができるので、それ自体で色は光源の指標にはなりませんが、変化は色の間で非常に急速になり、星または惑星であればランダムになります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。